スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 米原万里 

アーニャ


1960年、プラハ。小学生のマリ(著者)はソビエト学校で個性的な友だちに囲まれていた。男の見極め方を教えてくれるギリシア人のリッツァ。嘘つきでもみなに愛されているルーマニア人のアーニャ。クラス1の優等生、ユーゴスラビア人のヤスミンカ。それから三十年、激動の東欧で音信が途絶えた三人を捜し当てたマリは、少女時代には知り得なかった真実に出会う!大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。 (「BOOK」データベースより)

これは面白かったです。

まず驚くのはそのプラハのソビエト学校には、
共産党関係者の50カ国の子どもたちが通っていたということ。
国際的なんてもんじゃないですね。
でも、どこの国の子であれ、やっぱり子どもは子ども。
無邪気で可笑しくて、ユーモアたっぷりの黒髪のマリの学校生活がそこにはありました。

子どもも個性的なら、ロシア人の学校の先生も個性的。
というか、そういう多国籍の子どもたちをまとめる先生って尊敬します。
社会の授業では、授業のテーマの国の出身の生徒がいれば、
その生徒にその国の文化や歴史の説明をさせるという先生も。
なんてユニークで、贅沢な授業なんでしょう。
秀才少女ヤスミンのエピソードも大けっさくです!

物語の途中途中で語られるロシア人の気質にもとても興味持ちました。
才能は個人のものではなく、みんなの宝っていうところも。
だからこそ、これだけの子どもたちを教育できたんですよね。


そしてマリは30年後、なんの情報もない状況の中、彼女たちに会いにいきます。
たった4年の学校生活だったけど、マリと友人たちのつながりに心温まります。
再会して知らされる東欧諸国の民主化運動に巻き込まれた少女たちの人生。
日本という島国にいると肌で感じることのできない、
その国の人たちの苦悩をマリの目を通して少しだけ知ることができました。
本を読みながら、ルーマニアやユーゴスラビア(今はセルビア)ってどこ?と
地図を出して確認してしまいましたが。

”愛国心”って言うけど、のほほんと平和に暮らしてる生活の中では
なかなか感じることのできない感情ではないでしょうか。
と同時に、国を愛する以前に、自分自身にいかに誠実に生きるかってことを
彼女たちから教えられたような気がします。
そしてまっすぐなマリからも。



イングロリアス・バスターズ 

イングロリアス・バスターズ

タランティーノの新作映画。
やっと観てきました。
意外に一人鑑賞の人多し。
それもオジサン多し。

とってもとっても濃~~~いとんでも映画!!

ナチに家族を殺された少女の復讐劇と、
ナチを皆殺しにしよういうアメリカの過激バスターズチームの話が絡む。

あのオープニングの音楽と映像。
タラちゃん狙ってます。
なんか紙芝居のはじまり、はじまりって感じで。

人間ドラマあり、戦争映画でもあり、ユーモアもあり、アクションとグロも少々。
なんどか目を覆いました・・
やっぱりあるんだ~と思いながら。
冒頭の農家のシーンや、
居酒屋でのピリピリした心理描写では手に汗握りました
とにかく見ていて心持ちの緩急のふり幅が大きくて~。
でも、しっかり笑いのツボもあるんですよね。

ブラッド・ピットはお茶目なオジサンでした♪
あんなに声にハリあったっけ?って思った
ただ怪我したダイアン・クルーガーをいじめちゃダメでしょう。

度肝を抜いたのはナチの大佐のクリストフ・ヴァルツ!!!
オーストリアの俳優。
彼はいったい何者ですか~~!?
私は彼に全部持って行かれてしまいましたよ!!
つかみどころのない強烈な演技と、
英、仏、独、伊語を自由にこなすスゴさ!


ただ後味よかったかというと、私は少し重かったな。
”目には目を ”の精神、やられたら同じようにやり返すの精神、
人間って永遠に戦争を繰り返すのかな~。
皮肉たっぷりのエンターテイメント見ながらも、なんだか身につまされました。





副王家の一族 

fukuouke
ブルボン王朝下、イタリアへの統一を目前に控えた19世紀半ばのシチリア。
かつてのスペイン副王の末裔(まつえい)である名門貴族ウツェダ家では、封建的な父ジャコモ(ランド・ブッツァンカ)と嫡男のコンサルヴォ(アレッサンドロ・プレツィオージ)が激しく対立していた。意のままに振る舞う父に、コンサルヴォは強い反発を覚えるが……。(公式サイトより)


イタリア統一の時代の貴族の崩壊を描いた「山猫」と同じようなテーマでしたが、
こちらはもっとドロドロした毒のある物語でした。
というか、かなり皮肉まじりな作品だと思いました。
名門貴族の名と財産を守るためなら手段を選ばない暴君の父親ジャコモ。
彼には彼なりの人生論があった。
人は”愛”によって生かされるのではなく、”憎悪”によって生への執念を燃やすのだと。
それがまた彼が受けた教育でもあったのですが。
そんな父親に反発して生きてきた息子コンサルヴォ。

ドラマ「華麗なる一族」にも例えられてるので、
どれだけ正義感のある息子かと思ってたら・・

父親の傍若無人な暴君ぶりとあまりの頑固さには呆れるばかり。
ここまでくると滑稽というほかない。
当時嫡男だけが重宝がられ、次男以下の扱いは酷かったことも改めて認識。
そして女性の立場が弱いところも。
こんな時代に女性が小説やドラマのように、
逆境に生き抜くなんて簡単なことじゃないんですよね。
やがてイタリアは統一される。
ラスト、コンサルヴォがつぶやく。
「イタリアは生まれ変わったけど、イタリア人は変わったんだろうか」


長男コンサルヴォを演じたアレッサンドロ・プレツィオージ。
18歳くらいから70歳くらいまで演じます。
骨太な役者さんで、正義感が強く野心家、ギラギラした雰囲気は存在感ありました。

なくもんか 

nakumonka

脚本、宮藤官九郎。
主演、阿部サダヲ。
こてこてのコメディと思いきや、これってヒューマンドラマなんですよ。
久しぶりに、笑って泣いて、泣いて笑ってきました。



親に捨てられ他人の家で育ち、
稼業のハムカツ屋まで継がせてもらった山ちゃん。
素の自分は出さず、いい人で通して生きてきた男。
彼は小さいときから心に決めていた。
けっして人前では泣くもんかって。。。

山ちゃんは頼まれたことは断れない根っからのお人よし。
いつも笑顔を絶やさない八方美人の兄ちゃんだ。
阿部サダさんの過剰な演技が気にならないほどの、妙に自然な不自然さ(笑)

そして、生き別れの弟(えいた)。
今じゃお笑い界のスター☆
子どもの頃、人を笑わせることでイジメから逃れる術を得たという弟。
その二人の紹介のエピローグからウルってきてしまいましたよ。
けっこう笑わせてるけど、切なくて。


クドカンワールドのドタバタもあるけど、
根っこにあるのは親子や夫婦、兄弟の、
切っても切れない愛だったり、しがらみだったり。。

なかなか鋭い台詞がグサリときます。
「言いたいことはあまり口に出して言わないのがリアルな家族」
「お笑いつくりの要素の一つは、不幸をネタにすること」
これって、お笑い作ってる本人の口から聞くのは、かなりキツイよーーー。

山ちゃん演じる阿部サダヲが全身はじけてました!!
作り笑いのお面をつけてても、根っこも本当にいい人の山ちゃん。
「好きでやってるんですから~~」って、
なくもんか!の信念を貫くあなたはエライよ!!
かっこいい男だと思いました。

しかし、ちょこちょこ入る笑いのエッセンス☆
思わず、声を出して笑ってしまうほど。

山ちゃんといろんな人が絡むけど、
一番面白かったのは竹内結子かも。
竹内結子って不思議な女優さん♪
二人のタイミングは絶妙でした~~!

Disney'sクリスマス・キャロル 

c c
予告編の迫力の画面に魅せられて観てきました。
3Dで観るつもりが、私が予約したのは字幕版。
3Dは吹き替え版だったみたいです。

それでも、アニメとは思えないリアルな人間たち、幽霊たち!!
スクルージの節くれだった指は、本当にじいさんの指だったし、
美しい若い女性の結い上げた髪の艶やかさも、アニメとは思えない。
空を飛ぶシーンは体が浮き上がるようでど迫力!
3D映像でみたら、もっとすごかったんでしょうね~。
臨場感たっぷりな世界に引き込まれてしまいました。

物語をあまり知らない夫は、話はどうってことないけど、
リアルな映像がすごかった!と、そっちに感心してました。

”クリスマス”って日本と西洋では捉え方が違うと思うけど、
スクルージのお話は宗教的なことを抜きにしても、大人にはけっこうシビア。。
生きてる今が大切、今を楽しもうって、宗教じゃないですもんね。
けっこう怖い映像もあるし、これって意外に大人向けだと思いますよ。
ディズニーランドのアトラクション感覚で楽しむにはもってこいの映画だと思います。


【訂正】アニメではなく、実写にCG加工したパフォーマンス・キャプチャーという
最新鋭の映像技術を駆使した映像みたいです。
とにかく、こんな映像は初めて見ました!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。