スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンドアップ 

stand up
これは今年の上位作品に入るかもしれません。
夫の暴力から逃げて二人の子どもを抱え男だらけの鉱山で働く女性が、耐え難いセクシャルハラスメントにたった1人で立ち上がる(まさにスタンドアップ!)勇敢な実話。
セクハラ訴訟の映画ときくと、なんとなく映画の展開が読めるような気がして、ただシャーリーズ・セロンやシシー・スペイセク、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーンなどの豪華な実力俳優に惹かれて観にいきました。ところがところが、映画そのものに、ドカーーン!とやられてしまいました~

80年代のミネソタの北部。鉱山という男性社会や閉鎖的な土地柄だとしても、ジョージー(S・セロン)や同僚の女性たちが受けるいじめやセクハラは、きっと男性からみても耐え難いに違いない。精神的にも肉体的にも。それは職場だけではなく、彼女の父親、街の人々でさえあまりに無神経で、観ていて怒りで体に力が入ってしまいました。

孤立無援状態で立ち上がるジョージーが痛々しい。間違ってることを間違ってると言えることの難しさ。彼女に同意すれば仕事にあぶれるかもしれない、また仲間はずれになるかもしれない。誰もが間違ってると思いながらも、立ち上がる勇気を持つことができない。歯がゆいです。これはどんな社会でも通じることですよね。家族、職場の女性の同僚、自分の子どもからさえも見放されるジョージーの闘いは観るものを勇気付けます。

この映画は社会問題ではあるけど、家族の物語でもありました。とくにジョージーの両親との親子ゆえの愛と葛藤には胸が熱くなりました。またジョージーと息子の関係も。しかし誰もが多くを語りません。とても謙虚な作りだと思いました。押し付けがましくないのです。とにかく泣けました・・・

唯一ジョージーの友達のS・ビーンとF・マクドーマンドのカップル。彼らふたりの存在が物語りの優しいエッセンスになってました。二人自身がハンディを背負って生きているのに、お互いにいたわりあって生きている。そんなぬくもりのある二人を遠めに見つめるジョージーが悲しかったです。

シャーリーズ・セロンは泥をかぶってもノーメイクでも美しく、かえってそれがマイナスになってしまうのではと勝手に心配してしまいましたが、その渾身の演技は素晴らしかった!「モンスター」以来見直しましたね~。脇役の面々も予想通り魅せてくれて、30代の女性監督作品とは思えないほどの骨太な作品でした。


コメント

なるか!? 体質改善!

今年はハリウッド作品にも目を向けたいな、と思いつつ・・・。
どーしても、どーしても隣国モノに食指が・・・・・・。

「スタンドアップ」、atsukoさんの感想を拝読し、俄然、観たい~気分
になりました!
今度のレディース・デーあたり狙おうかしらん~。

そうそう。atsukoさん、「インファナル・デイズ逆転人生」('91・香港)、
レンタル店で見かけても、決して↑タイトルとジャケット(トニーさんとアンディさん、
しかも名前が逆だし...)に惑わされないでね!

atsukoさんには、「インファナル・アフェア」でのあのカッコイ~トニーさん・アンディ
さんのイメージでいて欲しいから~(笑)
でも、若くてピッチピチのご両人が拝見できますけどね。。。

竹野内君・・・うふっ、どおりで揺れるわけだわぁ~私のv-238...

イチオシです!

小倩。さん
「スタンドアップ」はなかなかの感動作でしたv-237
これはオススメですよ!
ニキ・カーロ監督の「クジラの島の少女」ぜひ観てみたいです。

ところで「インファナル・デイズ逆転人生」
あえて15年前のトニー・レオンとアンディ・ラウを勧めてるなと踏みましたぞ!(笑)
そんな昔に「インファナル~」の名をつけた映画があったのですね。
でも、ひょっとしてコメディですか~~?(笑

>竹野内豊
小倩。さんのツボにはまる要素大みたいですねっ!!
プチ楽しみがあっていいな♪

イイ意味で予想を裏切られました

atsukoさん、こんばんは!「スタンドアップ」いい映画でしたよね!ショーンめあてに観にいって、大泣きして帰ってきました。セクハラから訴訟、とある意味想像しやすいストーリーだとは思うのですが、家族や親友とのエピソードがとてもうまくジョージーをとりまいていて心が揺さぶられました。セクハラやパワハラへの怒りはもちろんですが、ジョージーと彼女を支える愛情に救われました。そしてグロリア&カイル夫婦、短いシーンからでも素敵な生き方が透けて見えて憧れました。ニキ・カーロ監督、興味を惹かれますね。私も「クジラ~」見たいと思いました。

ショーンと、いぇカイルと結婚したいわ~vv。←やっぱりソレか・・(笑)。

私も結婚したい(笑)

なをさん
>ショーンと、いぇカイルと結婚したいわ~vv。←やっぱりソレか・・(笑)。

やっぱりソレか、なんて言わなくてもいいですよーー
理想の夫じゃないですか。
大きなことはしなくても、守るべきものは守る人。
苦境をユーモアでかわして笑って生きてる人。
悩める少年に一筋の明かりを灯してあげられる人。
ステキな人でしたね~v-22
悪役の多い彼だけど(^^;)、こういう役とっても似合ってましたよ。

私もこの映画にこんなに泣かされると思いませんでした。
あちこちですすり泣く音、聞こえまくりの劇場でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。