スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窪塚洋介 ネイティブアメリカン紀行 

昨夜の特番。素晴らしい番組でした!本来なら昨年5月に収録する予定の番組だったらしい。それが、あの事故のため、今年の7月に延期。

画面に映った窪塚くんは、さっぱりしてアクが抜けた感じ(^^
しかし、あれだけの事故にもかかわらず、こんなに元気になるなんて彼って不死身だなあ~。

はじめ窪塚くん目当てで観たのですが、彼が尋ねた場所がネイティブアメリカンが暮らしているアリゾナのナバホ地区。そうナバホです!ニックファンには記憶に新しい名前ですよね。今でも守られてるナバホの儀式や、彼らが信仰してる大地と空の神への神聖な祈り。「ウィンドトーカーズ」のいろんなシーンが蘇りました。ヤージーがエンダースに施したナバホの祈りや、ナバホのあの笛の音。全く映画と同じなんです。窪塚くんもその地にホームステイしながら、ナバホについて学んでました。

彼に同行する12歳の少年が可愛かった。幼いながらも精悍な顔つきで男らしい。彼もまたナバホを継いでいくのでしょう。少年の仕事を手伝ってくれた窪塚くんに、お礼として披露してくれた少年のナバホのダンスが素晴らしかった!
それを眺めていた窪塚くんは思い出した。
昨年このアリゾナ紀行の仕事の話が決まったとき、ナバホで窪塚くんに会えるのを楽しみにしてる少年がいる、彼は踊りを見せるために一生懸命練習してるという話しを。それが、あの事故のために1年以上彼を待たせてしまった・・・窪塚君の目がなんとなく潤んだのを観て胸が熱くなった。踊りを終えた少年を「すごく感動したよ!去年来られなくて悪かった」と抱きしめた。

アリゾナの大自然。突然現れた滝と真っ青な池には息を呑みました。グランドキャニオンに立つ窪塚くん。自分でいきがって生きているつもりでも、この地に立つと生かされてる自分に気づくと語る。

新作映画のインタビューで、
「今まで、1つのことを伝えるために100の方法で表現しようとした。でも1つのことを貫くことで、人には100のことが伝わることがわかった」と言った。いいこと言うなと思いました。そして、あの事故前後で彼の中で何かが変わったんだと確信しました。生意気でカッコつけだけど、何か1本筋のあるものを持ってる窪塚君。純粋な彼の目はやっぱりいいな~。これからに期待してるよ!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。