スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリー&ジュリア 

J&J1


メリル・ストリープの演技に大笑いでした♪
本当に上手い女優さんだな~~。
料理に生きがいを見出した女性たちの物語。


1949年、外交官の夫の赴任先のパリでフランス料理の教室に通い、
やがてバイブルといわれるアメリカ人向けのフランス料理本を出版したジュリー・チャイルド。
実在の人だそうだ。

そして現在の2002年。
夫とNYクイーンズのアパート住まいのジュリア。
苦情処理のオペレーターの彼女はストレスのたまる生活をしていた。
ストレス発散と生きがいを求めて、大好きな料理に挑戦。
憧れだったジュリーのフランス料理を毎日作り、それをブログで紹介する決心をする。
そのレシピは500以上、それを1年間で作るという無謀な計画だった。
彼女も実在するそうだ。

映画は50年前のパリのジュリーの生活と、現在のジュリアの奮闘ぶりを交互にみせる。



フランス語も話せないジュリー(メリル)が、慣れないパリの生活で、
フランス料理に目覚め、一心不乱に頑張る姿が可笑しくて可笑しくて!!
しかし、ジュリーはとにかく明るくて前向き♪
いつも笑顔が絶えない。
そしてそんな彼女を夫(スタンリー・トゥッチ)が優しく見守ってる。
夫婦のお話としてもとってもあったかい。

ジュリー・チャイルドという女性は185センチくらいあったそうで、
メリル・ストリープの動きがいかにも大柄な女性らしくて本当に上手い!
メリルが大きく見えるように、彼女の友人や夫も小柄な人を配し、
たぶんキッチンもみんな低い作りにしてるはず。

一方、ジュリーのレシピのフランス料理を作りながら、
やがて彼女の生き方にまで影響されていくニューヨークのジュリア。
「魔法にかけられて」のエイミー・アダムスがとってもキュート♪
若い頃のメグ・ライアンを思い出させます。
なんでも美味しそうにモリモリ食べてくれるダンナ様もいい(笑)

J&J2


50年前のエピソードに比較すると現代のストーリーがやや軽めですが、
美味しそうなフランス料理と、食べるの大好きな女性たちを見てると元気が出てきます。
しかし料理が趣味と言い切れる女性がうらやましい。。

ボナペティ~♪

コメント

今頃ですがSPAで「マンマ・ミーア」観ました。それなりに面白かったですが、私はメリル・ストリープの、唄って踊っての演技にビックリしました。60歳というお歳にもビックリ。かなり努力されてるんだろうなと思っていた所でした。
この映画パリとNYが舞台?メリル・ストリープのまた違う演技も観たいし、興味津々。

そうそう、「マンマ・ミーア」のDVDのジャケット見たくて近所のツタヤに行ったんです。ツタヤが選ぶ100選、100円というコーナーに、『月の輝く夜に』が入荷していました。今までなくて諦めていたんです。やっと観られます!!メリル・ストリープのお陰かも。ここでそのご報告が出来て、また不思議なご縁を感じました。

メリル・ストリープ

e-434Nori-rinさん
「マンマ・ミーア!」のメリル・ストリープは心身ともに開放されて輝いてましたね☆
娘の年齢からすると40代の役ですよね。
うん、うん、あんな風に年齢を重ねられたら素敵だと思います!

このJ&Jの映画のメリルも明るくて前向き、そして性格が可愛い女性です。
でも、ありふれてないところが彼女の面白いところ(笑))
フランス語も出てくるから、楽しめると思いますよ!!

ところでこの流れで『月の輝く夜に』が見つかりましたか☆
よかった~~!!
ぜひぜひNori-rinさんに見ていただきたい映画でした~v-344

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。