スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 

2012
いやはや前評判どおりのと迫力のディザスタームービーでした!!
2012年、地球は終末を迎えるらしい。
マグニチュード10規模の大地震、世界中の火山の噴火、そして大津波!!
これほどの規模の災害映画は見たことがありません。
波打つ地面、亀裂に落ちる車、高層ビルが崩れ、街が海に崩れ落ちていく・・・
大画面を見てると目が回りそうなくらい。

しかし、その中を生き延びる主人公と別れた妻とその子どもたち。
適度なドキドキ感を感じさせながらも突っ込み満載。
でも、そこは映画だから~~。

現代のノアの箱舟が、まさかあの国で作られていたとは!?
なんか今の時代を感じるものもありました。

人間のモラルや家族愛を織り込みながら見せる娯楽大作。
あれこれ言いたいところもあるけど、ストーリーは置いといて、
どっぶり映像の迫力に浸ることができました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。