スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングロリアス・バスターズ 

イングロリアス・バスターズ

タランティーノの新作映画。
やっと観てきました。
意外に一人鑑賞の人多し。
それもオジサン多し。

とってもとっても濃~~~いとんでも映画!!

ナチに家族を殺された少女の復讐劇と、
ナチを皆殺しにしよういうアメリカの過激バスターズチームの話が絡む。

あのオープニングの音楽と映像。
タラちゃん狙ってます。
なんか紙芝居のはじまり、はじまりって感じで。

人間ドラマあり、戦争映画でもあり、ユーモアもあり、アクションとグロも少々。
なんどか目を覆いました・・
やっぱりあるんだ~と思いながら。
冒頭の農家のシーンや、
居酒屋でのピリピリした心理描写では手に汗握りました
とにかく見ていて心持ちの緩急のふり幅が大きくて~。
でも、しっかり笑いのツボもあるんですよね。

ブラッド・ピットはお茶目なオジサンでした♪
あんなに声にハリあったっけ?って思った
ただ怪我したダイアン・クルーガーをいじめちゃダメでしょう。

度肝を抜いたのはナチの大佐のクリストフ・ヴァルツ!!!
オーストリアの俳優。
彼はいったい何者ですか~~!?
私は彼に全部持って行かれてしまいましたよ!!
つかみどころのない強烈な演技と、
英、仏、独、伊語を自由にこなすスゴさ!


ただ後味よかったかというと、私は少し重かったな。
”目には目を ”の精神、やられたら同じようにやり返すの精神、
人間って永遠に戦争を繰り返すのかな~。
皮肉たっぷりのエンターテイメント見ながらも、なんだか身につまされました。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。