スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 米原万里 

アーニャ


1960年、プラハ。小学生のマリ(著者)はソビエト学校で個性的な友だちに囲まれていた。男の見極め方を教えてくれるギリシア人のリッツァ。嘘つきでもみなに愛されているルーマニア人のアーニャ。クラス1の優等生、ユーゴスラビア人のヤスミンカ。それから三十年、激動の東欧で音信が途絶えた三人を捜し当てたマリは、少女時代には知り得なかった真実に出会う!大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。 (「BOOK」データベースより)

これは面白かったです。

まず驚くのはそのプラハのソビエト学校には、
共産党関係者の50カ国の子どもたちが通っていたということ。
国際的なんてもんじゃないですね。
でも、どこの国の子であれ、やっぱり子どもは子ども。
無邪気で可笑しくて、ユーモアたっぷりの黒髪のマリの学校生活がそこにはありました。

子どもも個性的なら、ロシア人の学校の先生も個性的。
というか、そういう多国籍の子どもたちをまとめる先生って尊敬します。
社会の授業では、授業のテーマの国の出身の生徒がいれば、
その生徒にその国の文化や歴史の説明をさせるという先生も。
なんてユニークで、贅沢な授業なんでしょう。
秀才少女ヤスミンのエピソードも大けっさくです!

物語の途中途中で語られるロシア人の気質にもとても興味持ちました。
才能は個人のものではなく、みんなの宝っていうところも。
だからこそ、これだけの子どもたちを教育できたんですよね。


そしてマリは30年後、なんの情報もない状況の中、彼女たちに会いにいきます。
たった4年の学校生活だったけど、マリと友人たちのつながりに心温まります。
再会して知らされる東欧諸国の民主化運動に巻き込まれた少女たちの人生。
日本という島国にいると肌で感じることのできない、
その国の人たちの苦悩をマリの目を通して少しだけ知ることができました。
本を読みながら、ルーマニアやユーゴスラビア(今はセルビア)ってどこ?と
地図を出して確認してしまいましたが。

”愛国心”って言うけど、のほほんと平和に暮らしてる生活の中では
なかなか感じることのできない感情ではないでしょうか。
と同時に、国を愛する以前に、自分自身にいかに誠実に生きるかってことを
彼女たちから教えられたような気がします。
そしてまっすぐなマリからも。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。