スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレン・ミラー物語 

グレンミラー
「ドレミファワンダーランド」というTV番組で、
ムーンライト・セレナーデを取り上げてたのをきっかけに、
この映画が見たくなってレンタルしてきました。

1954年の作品です
ムーンライト・セレナーデはスウィング・ジャズの定番で、いろんな場面で聞かれる音楽。
いい曲ですよね~♪

このムーンライト・セレナーデが生まれる背景や、
グレンミラーが作り出した音楽の一つ一つのエピソードが映画では語られてます。

グレンミラーはトロンボーン奏者で、かなり貧しい暮らしをしていたようです。
質屋通いをして店主と親しくなる様子も微笑ましい。
恋人もいたようですが、2年間も音信不通だったのにいきなりプロポーズをするという
かなり自分勝手な面もあるワンマンな男なのでした。
このへんはなかなかコミカルに描かれていて、それもまたこの時代の映画なのかな~と。
恋人であり、後に彼の妻になるヘレンという女性もとてもチャーミング♪
グレンを献身的に支え、彼の成功の縁の下の力持ち的存在。

自分の音楽にこだわるグレンはやがて自身の楽団を持ち、
数々のオーケストラジャズを生み出していきます。
ムーンライトセレナーデ、真珠の首飾り、in the mood、、、

やがて第2次世界大戦に突入。
軍に志願した彼は、異国で戦う若い兵士のために音楽で激励する。
行進曲に彼がアレンジしたアメリカンジャズを演奏するシーンは楽しかった!
眉間にしわをよせる軍の幹部たちとは反対に、
行進してた軍人たちがだんだん笑顔になってる様がステキ♪

結局、グレンミラーは英国慰問中、移動の飛行機事故で亡くなります。
本当に劇的な人生だったのですね。

グレンとヘレンの間には実子はなく、二人はふたりの子どもを養子にしてます。
音楽にはこだわりがあり、でも家族思いの優しいグレンミラーを演じたのは,
ジェームズ・スチュアート
見終わってほっこり。
永遠に受け継がれていく音楽♪
暖かい思いに包まれるステキな映画でした。
古い映画ですが、今見てもこんな感想を抱かせるなんて、こういうのが名画なんですね~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。