スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊 

batisuta

映画がかなり話題になってたのを記憶してます。

しかし、なんなんでしょう!この本は!
面白すぎ~~~!!
いわゆる医療サスペンスもの。
分からない医療専門用語もたくさん出てくるのですが、
それを超える登場人物のキャラクターのすごさと文章の面白さ!

ある病院での心臓手術の医療ミスを調査するため、
内部調査を任された万年講師の田口。
この田口医師のキャラクターがすごくよくて、前半は彼に押し捲られっぱなし。
この田口が主人公と思いきや。。

この調査が難航し、後半から登場する厚生省から来た白鳥。
この男が田口を脇に追いやるほどの強烈なキャラで~~♪
彼の理論と考察がすごい。
アクティブ・フェーズにパッシブ・フェーズ??
ハチャメチャに見えて、なぜか納得させれられてしまうような・・・
頭はきれるけど、とにかくヘンな男なんです。

この二人に限らず、登場人物の人物像がとてもリアルに描かれていて、
とてもひきつけられました。

作者、海堂尊さんは現役のお医者さまだそうですが、
こんな面白い小説を書かれるとは、天は二物を与えたんですね~~~。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」も読んでみようかな。

映画も面白いのかな~?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。