スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いアモーレ (DVD) 

赤いアモーレ

またまたイタリア映画です。

名誉も地位もある、美しい妻のいる医者と、雑草のような女イタリア。
まったく住む世界が違うふたりなのに愛し合ってしまった。

男の身勝手、情けなさ、弱さ、ずるさにうんざりしながらも、なぜか引き込まれてしまった。
それはあまりにイタリアの存在が際立ってたから。
演じたのはペネロペ・クルス。
ここまで汚れ役を体を張って演じたペネロペ。
あっぱれです!!
ペネロペの映画でこんな気持ちになったのははじめて。
そのくらい彼女はこのイタリアになりきってました。
不幸な生い立ち、教養のなさが全身からあふれてる。
安っぽい服を身にまとい、美しくない化粧、歩き方まで品がない。
でも、男を愛し、最後は彼のマリア的存在になる人。

監督、主演はドイツ映画「マーサの幸せレシピ」で、
心優しいイタリア男を演じたセルジオ・カステリット。
好きな俳優さんなので、はじめはこの男を演じる彼にショック受けたけど・・・

不倫ものといってしまえばそうなのですが、すごいなって思ってしまいました。
うまく言えないけど、ドロドロなんだけど、
どこかすべてをろ過されたものを感じたからかもしれない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。