スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドリッド スパニッシュ・バスの男 ~バスに乗るか?バルで飲むか?~  

madoriddo

BSプレミアム8、ドラマティックバス。
パリ、ヴェネチアときて、第3夜はスペインのマドリッド。
最終回に相応しい、ドラマティックでロマンティックなお話でした。

3年間のマドリッド駐在の仕事を終え、
二日後に帰国することになった商社マン検太郎(萩原聖人)。
帰宅途中のバスの中で、隣に座ったスペイン女性があわてて降りるとき、
間違えて彼のバッグを持って行ってしまう。
気づいたのは帰宅してから・・
ああ、パスポートに2日後の搭乗券!!



マドリッドを往来する数多くのバス。
メインストリートだけでなく、路地を走る小型バスまであって、
市民にも旅行者にとってもとても便利な乗り物だ。

このシリーズは、市民目線で街を紹介してくれるところがとても新鮮。
路線のあちこちで紹介されるBAR(バル)。
イタリアだとバールというけど、スペインだとバルなんですね。
一人でも気軽にお酒も食事もできるのが嬉しいスポット。
食事もつまみ程度のものではなく、しっかりしたものがいただける。
イカのオリーブ焼き。
ポテト料理に、チキンのグリル。
確かにどれも美味しそうだった!

検太郎が何度も言う。
オレの胃袋はスペイン料理と相性がいい。
料理の相性は女の相性と似たものがある。

う~~ん、意味深な発言。。。



ジャズアレンジの音楽もステキだった♪

そして、合間に入るフラメンコダンス!!

ゴヤの「裸のマハ」「着衣のマハ」
・・・映画があったな~と思い出す。
確か主演がペネロペ・クルスだったから敬遠したんだっけ(笑)
でも、今度見てみよう。

そしてスペイン女性がふと立ち寄ったお店で買った
ダ・ヴィンチ「受胎告知」の、額縁に入った二つ折りの小さな絵。
流れていた曲はジャズアレンジされたコルコバード♪
なんていい曲なんだ~~。

演出がとても凝ってて、雰囲気のある映像☆
物語も途中、あっと驚く仕掛けがあったりして・・・
ラストは幸せな余韻を残して終わる。

でも、あの人はどうなったの?そしてあの弟も・・・
それを考えたら、二人の幸せそうな姿にわずかに影を落としてしまう。。


ドラマを見ている間、自分もその街にたたずんでるような、
そんな気持ちになれるシリーズでした。
また、世界のいろんな街で続きをやってほしい♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。