スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノウイング 

k 2

昨日2回目観てきました。
1回目観たとき、すぐ感想がでてこなくて。。
ニコラスの新作ということだけでなく、お話自体がとてもいろんな要素を含んでいて、
整理つかなかったんです。


ネタバレあり

**********

50年前に書かれた数列のみの手紙。
息子の小学校のタイムカプセルに納められたものだ。
その膨大な数字は、過去50年間に起きた災害・事故の日付と
亡くなった被害者の数の羅列だった!!
しかも、さらにこれから起きるかもしれない事故の未来の日付もあった。
大学の宇宙物理学の教授であるジョン(ニコラス)は、
なんとかそれを未然に防げないものかと、手を尽くそうとするのだが。。。
そして息子ケイレブに忍び寄る、不思議なささやきと不審な人物たち。

  この手紙を書いた少女は預言者だったのか。
  ジョンは事故を未然に防げるのか。
  息子ケイレブは、何者かに襲われようとしてるのか。
  そしてメッセージにある人類全滅は本当なのか。

物語は、見るものをグイグイと引き付けていきます。
どうなるの?なにがあったの?

予告編の惨事だけ見ると、パニック映画にも見えるのですが、
この映画はサスペンススリラーであり、パニック映画であり、SFでもあり、
そして人間ドラマでもありました。
あの予告編には問題ありだと思います。見せすぎ!

そしてこれまでのこのような映画では、必ずヒーローがすべてを救ってくれてました。
ところがこの映画は違います。
救われないけど、でも希望を持つ形で終わるという。

地球と人類の存在は、
人間の手の及ばない宇宙規模のメカニズムですでに計算されたものなのか(決定論)
それともすべての偶然の重なりでたまたま存在するものなのか(ランダム論)

k 1

ランダム理論を信じていたジョンは50年前のメッセージを見て愕然とする。
妻の事故はすでに予知されてた!!
ひょっとしたら、この世のすべてはすでに決まっているのかもしれない。
彼の心は動揺する。
しかも、今地球は太陽フレア(異常現象による巨大な熱光線)による危機にさらされている!
それがメッセージの最後の数字だったのだ。

やがてジョンは太陽フレアによって地球が全滅する事実を確信する。
そして息子が未来の地球再生の使者として選ばれたものであることを。
そう悟ったからこそ、息子ケイレブが未来からの使者と一緒に旅立つとき、
その別れを希望として受け入れることができたのでしょう。
未来が予測されてるのなら、きっと息子はその世界で生きていくことができる。

ただ、普通の親子と考えたとき、人類全滅の危機にさらされたら、
最後は一緒に・・と思うのが人情じゃないかなと1回目見たときは思いました。
私だったら怪しげな未来人に子どもは託せないと。
でも、ジョンは息子の命を絶対に守るという信念を持ってるとともに、
地球の生命も, 息子が使命をもってこの世に生まれたことも、
すべて決まってたということを受け入れられたからできたんだと、改めて思いました。


knowing

パパも一緒に宇宙船に乗れるものだと信じてるケイレブと
手をつないで乗り込もうとしたパパニコラス。
パパは乗れないと拒否されたときのニコラスは哀れだったな~~。
可哀想なシーンだったけど、
「ガーーン!!ボクはだめなんですか?」みたいな顔のニックが可笑しくて笑えた(^^;
ごめん!



母親を亡くした息子の心を気遣いながら奮闘する父と息子の普段の光景から、
一転してラストは地球滅亡と、その未来を想像させる展開。
スケールの大きさと親子の情愛を絡めた予想もつかない物語でした。
ラストシーンは、もっと想像の余地を残す形でもよかったのでは?と思いましたが。

ひたすら息子を守ろうと必死に奮闘するニコラスは彼らしい父親でした。
無力なのに巨大なものに立ち向かおうとする男。
かと思えば、息子の寂しそうな姿に心痛め、ついお酒に頼る弱い父親でもあるのです。
そっと覗いた息子のベッドルーム。
息子は母親の子守唄のビデオを静かに眺めてる・・・
それを見てハッとするジョン。
その時のニコラスの顔が印象的です。
いまさらながら、強さも弱さもリアリティを持って表現できる人だと思いました。

ケイレブ役のチャンドラー少年も二役の少女がまた素晴らしい。
子どもたちの表情が、言葉以上のものを語ってます。
ラスト、街のあちこちがカオス状態になったシーンで流れるベートーベンも素晴らしかった☆
細部にこだわった見ごたえのある映画でした。


   *****************

映画には関係ありませんが、ニコラスはとても手のきれいな人です。
指が長くて・・
今回も映画の中でしばしばうっとりしてしまいました


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。