スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV taro 

お正月の番組でもチェックしようかと買ってきたら、
ニコラスのインタビュー記事がありました!
パンフにもありましたが、ニックは「ロード・オブ・ウォー」の製作にも関わっていて、
主人公ユーリーの人物像にはずいぶん自分でアイデアを出したそうです。
ニックの演技のこだわりは、
『悪人であれ変人であれ、どこかに見てる人が共感を得られる人物にすること』
なんですよね。これって他の映画の時も言ってたような。

そして、こんなことも。
どんなにキャラクターを築き上げても演技でしかない。
でもベースに演じる人間の記憶や感情があるから、ある意味では真実なんだ。
きっと私が惹かれるのは、ニックの演技も素晴らしいけど、
その真実の部分も多分にあるな~と思ったわけで(笑)

ところでパンフもこのインタビュー記事も「3人目の子どもが生まれて」とあるけど、
2人でしょ!!と突っ込み入れてしまいました。記者さん、しっかり!(笑)

2006年の待機作品が5本もあげられてました!スゴッ!
せめて日本で2本は公開してくれるといいな~~。
とりあえず「ウェザーマン」と「ゴースト・ライダー」
とくに「ゴースト・ライダー」はと~っても楽しみ♪期待してます!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。