スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターミネーター4 

t n 4

私にとって衝撃的だったのは、ターミネーター1。
あのシュワちゃんターミネーターの迫力には度肝を抜きました。
やっつけてもやっつけても追いかけてるマシンのターミネーターの恐怖といったら!!
リンダ・ハミルトンもマイケル・ビーンもよかったですね~☆

そしてパート2ですっかり肉体改造したサラ・コナーにはびっくり。
息子も登場し、この回も面白かった。
パート3は興味なく見てないです。

そしてそして、本作ではサラの息子のジョン・コナーが活躍する。
2018年、スカイネット(マシン)と抵抗軍(人間)との闘い。
ど迫力の映像でした!!音も!!
トランスフォーマーみたいに、マシンからバイクが飛び出して暴走するところなんて、
子どもじゃなくても、その発想と迫力にワクワク。

本作の面白さは筋が2本立てになってるところだと思いました。
スカイネットに囚われてしまったジョンの父親カイルを救出しようとするジョンの闘い。
カイルが死んだら、自分の存在がなくなり未来が変わってしまう。
ジョンが生まれたとき、父親カイルは未来から来た人だったという設定が、
ここで生かされてるのが面白い。

そしてもう一つが、人間の心を持ったまま体はマシンに改造された男マーカスの運命。
彼はスカイネットに支配されたマシンなのか?
献身的にカイルを擁護しようとする彼の任務はなんなのか。

tn4 :
この葛藤するマーカスの存在が光ってましたね~~☆
ジョンとマーカス、主役二人という厚みがすごく面白くしていると思いました。


あ、サービスショットかシュワちゃんがちょこっと登場しびっくり!
すごいですね~~、彼の存在感!!笑っちゃたけど。
ジョンのセリフの「I'll be back.」にもニンマリ。
ところどころ昔のターミネーターを思い出しながら楽しめました。

マーカス(サム・ワーシントン)の存在がとても印象的です。
なのでジョン(クリスチャン・ベール)の陰が薄かった気がします。
それでも生真面目でストイックなジョンはまさしくベールそのもの。
できたらもうちょっとユーモアあったら・・・
さらに魅力的だと思うのだけど。ね!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。