スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ 

gr t

先週の金曜日。
近所のシネコンのタイムスケジュールを見たら、その日が最終日というのを知り、
午後の仕事の前にあわてて観に行きました。

イーストウッド映画ということで、きっと観終えたあと重いんだろうと勝手に想像してましたが、
まさか、まさか!!こんなにいい映画だったとは。
適度にユーモアもちりばめられて、本当に素晴らしい映画でした☆

ネタバレあり

お葬式ではじまりお葬式で終わる映画でした。。。

妻に先立たれ一人暮らしになってしまった老人ウォルト(イーストウッド)
頑固で差別主義で偏屈なおじいさん。
心配する二人の息子にもいやみばかりを言って困らせてしまう可愛くないじいさんだ。
愛するものは老犬とビンテージの車グラントリノだけ。


そんなとき、隣に引っ越してきたアジア系の家族とふとしたことで交流が生まれる。
その家族に知らず知らず心を開いていく主人公。
このへんの過程が絶妙~!(笑)

そして、ある事件が起こる。
隣の姉弟を守るためにその老人がとった最後の行動!!
そのラストシーンに、いろんな想いがこみ上げて涙があふれました。

クリント・イーストウッド!!
すごい、すごいと思ってたけど、なんて人なんだ~~!



もと軍人だった老人は、遠い昔自分が戦争で犯した罪にずーーと苛まれてきた。
亡くなった妻の口癖と遺言は「教会に懺悔しにいってください」。
夫の心の中のわだかまりをなんとかしてあげたいと思ってたに違いない。
わかってはいても、その想いをどうやっても振り切ることができなかった老人。
妻亡き後、彼のもとへまめに通ってくる若い神父さんもよかったな~~。


隣の姉弟を救うため、彼がとった行動は自分の命と引き換えに彼らを救うこと。
めちゃめちゃ衝撃的でした!!
でも、これこそが彼の懺悔だったのだ、ああ、これで彼は救われたんだー。
そう思うと、不器用な彼の精一杯の愛情に、本当に胸がいっぱいになりました。。。

ハッピーエンドではないけど、ハッピーエンド。
ここ数年のイーストウッド作品と違って、観終えたあと、なんだかとても暖かい気持ちになりました。
映画の根底にある人間の残酷さみたいなものは感じましたが、
それをさりげなく静かに訴えてるイーストウッドのちから。


それにしてもクリント・イーストウッドの歳はとっても変わらない見事な男っぷり!!
銃を構える彼の迫力には、度肝を抜きました。
あの圧倒的な存在感!!
そして、怒りとどうすることもできない自分に流したひとすじの涙・・・
監督としても役者としても、彼の代表作になるにちがいありません。



*最後に、映画を見終えて”いい男”の条件をしみじみ考えてしまいました。
  ・仕事ができること。よく働くこと。
  ・美味しいものに目がないこと。
  ・自分の妻を世界で一番の女性と信じてること。

ウォルトは憎たらしいけど、本当にカッコいいすてきなおじいさんでした。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。