スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラムドッグ$ミリオネア 

sdm
アカデミー賞8部門を受賞した作品。

なんてパワフルな映画なんだろう!!
見終わった直後の感想でした。
アクション映画でもないのに、その強烈な映像、ストーリーのワクワク感は、
すごく興奮させるものでした。
クイズショーで最高賞金を獲得できるかということだけでも、
エンターテイメントとして充分なのに、
一人の青年の人生をそれに重ねて見せるなんて。
映画作りとしてはこの上ない最上の材料なのではないでしょうか。
しかも舞台は、世界で急成長を遂げているインド!
監督(ダニー・ボイル)、脚本家の力量にただただ脱帽です。


世界最大のクイズショーで残り一問までたどりついたインドのスラム街の少年ジャマール。
何故、彼はここまで残れたのか。
ラスト1問というとき、彼は警察に連行され手ひどい尋問をうける。
不正があるに違いない!という疑いで。。。

混沌としたインド社会、その底辺で生き抜いてきた彼の人生とクイズショーの模様が、
交互に映し出されます。
キラキラしたインドの子どもたちの目がすごい。

過酷な子ども時代を過ごし、とてつもない経験をしてきたジャマール。
そんな彼が今まさにその手に莫大な賞金を手にしようとしている。
感動的な人生を見せてくれるジャマールなのに、
演じる少年俳優の淡々とした表情によって、かえってリアルさを感じさせました。
見てるほうには衝撃的な出来事なのに、
彼にとってはすべてが自分の人生ですべてが運命なのだと悟ったような表情。
でも彼を突き動かしたのは、愛する人への思いだけだったのかもしれません。
出演者がほとんどインドの俳優ですが、ジャマール役の彼だけがイギリス出身だったとか。

物語がパワフルなら、スラム街を映し出す映像、そして音楽もパワフル。
人間の生命力、エネルギーを感じる映画でした。

エンドロールがはじまるときの映像も最高デス♪♪♪


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。