スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウト ~あるカトリック学校で~  

doubt

主な出演者は4人だけ。
その4人が本年度アカデミー賞にノミネートされてます。

主演女優賞:メリル・ストリープ
助演男優賞:フィリップ・シーモア・ホフマン
助演女優賞:エイミー・アダムス/ヴィオラ・デイヴィス

1964年。ちょうどケネディ大統領が暗殺された時代です。
敬虔なミッションスクールで繰り広げられる人間ドラマ。
もともとは舞台劇なんですね。

規律を重んじ、厳格で保守的な校長メリル・ストリープと、
子どもたちにも人気があり自由な思想を持つ学校の神父P・シーモア・ホフマン。
そこへ黒人の少年と神父の間に不適切な関係があるのでは?という噂が立つ。
噂は疑惑となり、校長ストリープは疑惑の鬼と化していく。

いや~~、メリル・ストリープの怖さ、いやらしさといったら!!
メリル・ストリープはやっぱりマンマミーアよりこういう役がはまります。
そして疑いを持たれる一見人間味ありそうな神父ホフマンも、
演じるのが彼だけに、何かがありそうな含みのある人間を好演。

しかし、この映画は疑惑はあくまでも疑惑のまま進んでいき、
真相やそれぞれの心情は見る側に任されています。
なので、ここで私の感想を述べるのもはばかれる訳で・・・
正直映画終わったあと、一人であれこれ考えてしまいました。
でも、人の心の葛藤をこのような形にして見せてくれるなんて、
見ごたえのある映画であることは間違いありません。

疑心暗鬼といいますが、疑いが疑いを呼び起こし、
それによって人間がとる行動は恐ろしいものです。
神の元に仕える立場の人間が、
「悪のためなら、ときには神にそむくことがあってもしかたがないのだ」
もうこれは屁理屈の域を超えてますよね。
戦争もこうやって繰り返されるんだよな~とふと思ってしまいました。

アメリカの60年代は、いろんな既成概念が打ち破られてきたころとあります。
ひとつの事柄も多面的に見なければならない。
そういう社会風潮が芽生えてきた時代なんですね。
それは黒人の少年の母親の姿に、大いに感じてしまいました。

主演二人の演技合戦もすごかったのですが、
この黒人の少年の母親が素晴らしかったんです!
表情といい台詞の一つ一つが突き刺さりました。
このお母さん、ぜんぜんぶれてない!!って。
たった15分くらいの出番でしたが、
あの強気の校長ストリープと一歩も引けを取らない姿は圧巻です。

そして「魔法にかけられて」のお姫様のエイミー・アダムス。
校長を尊敬し、神父様を慕う純粋なシスター。
学校内の不穏な空気に心を痛めるエイミー・アダムス。
この人もこんなに上手い人だったのですね。

ほとんどが学校内のシーン。
メリル・ストリープもエイミー・アダムスも一度もあの黒い帽子を取るシーンはありませんでした。

コメント

こんにちは!
観に行かれたのですね。羨ましいです。残念ながら私の住んでいるところでは上映していません。asucoさんの感想読んだら尚更観たくなりました。やっぱり見応え十分なんですね。観たいよ~。

■りり・かさん
役者が役者だけに見ごたえありました!
都内でも上映劇場は少ないです。
なんでだろ???
劇場は混んでましたよーーー。
でも隣のスクリーンの「ホルテンさん~」のほうが混んでたかな?(笑)

メリル・ストリープもだけど、
P・S・ホフマンのファンとして、とても興味があったんですv-290
上映劇場が拡大されるといいですね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。