スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎 

rash life

5つの話がそれぞれに進み、だんだんリンクしていく。

世の中金がすべてという傲慢画商、
カリスマ泥棒、
プロサッカー選手と不倫中のカウンセラーの女、
リストラされたサラリーマン、
神と信じる男に偏狂する若者。

時系列が複雑に交錯するが、あまりこだわらず読めた。
この場面があの場面につながってるのかと楽しみながら。
サスペンス要素もあるが、どちらかというとエンターテイメント的な話。
人生はエッシャーの絵のように、
終わりと思っても、そこがスタートだったりする。ってことか?

登場人物の中でその人間味に引かれたのは泥棒の黒澤。
なにごとにも客観的な目線でながめ、のめり込まないところに魅力を感じた。

そして、リストラされたサラリーマンが連れてあるく野良犬が俄然いい!!
「恐れるな!オレから離れるな!」
イヌの存在が勇気付けてくれる。
でも、その声を聞く人間の心があってのこと。
人はつねに自分の心と語り合ってるなんだな~。
昔読んだ遠藤周作の「おバカさん」のイヌを思い出した。

『・・・譲ってはいけないもの。そういうものってあるでしょう?』
この台詞がよかった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。