スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーフライト 

hf

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の監督作品とあって、
けっこう笑わせてくれるものと思ってましたが、ちょっと違った。
もちろんお決まりの笑いをとるシーンはあるのですが、
全編、ホノルル往きの飛行機内と地上のスタッフとの緊張感漂う物語で、
スリル満点の映画だったのでした!!

飛行機一機飛ぶのに、どれだけの人が動き
どれだけの苦労があるのかを見せ付けられました。
そして映画とはいえ、トラブル続出の展開には、
ちょっと飛行機に乗るのが怖くなったというか・・・
ひょっとしたらそういう方もいるかもな~と思ったわけで。
まあ、かなり大げさには描かれてるとは思いますが。

グランドホステス、整備士、パイロット、キャビンアテンダント、管制官、気象予報士、
バードパトロール・・・とにかく、空港で働く人々の舞台裏が緻密に描かれてます。
プロとはこういうものか!と見せ付けられるところも。
緊張感をほぐす脇役たちも、ほのぼのといいあんばいのエッセンス☆
岸部一徳、田畑智子がとくに◎
映画の進行役的な、ドジで間抜けなキャビンアテンダントの綾瀬はるかはまあお決まりの役。
新米の副操縦士の田辺誠一が頑張りましたね~~!!!
演技も操縦も!(笑)

映画終わってシートから立ち上がったときは、
まるで飛行機から降りるような感覚に陥りました。
ああ、無事に家に帰れるって。
予想外に体感映画でした~~~。

いろんな尊敬するお仕事はいっぱいあるけど、
パイロットってやっぱりすごいと思いました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。