スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドクリフ PartⅠ 

redcrif


ほとんど三国志の予備知識なしでしたが、面白かった~~~ !!
きっとかなりエンターテイメントな作りになってると思うのですが、
映画を楽しむという意味では大満足です。
ものすごいスケールの映画です!!

1800年前の中国。
男たちの熱き闘い。
ジョン・ウーのこだわり、情熱が伝わってきました !
役者のアップのシーンは美しく、
闘いの流れるようなアクションも迫力もさることながら、あくまでも美しい。
ところどころ「フェイス/オフ」がダブルところも

諸葛孔明の金城くんのかっこいいこと!!
知的で温かみがあってユーモアもある。
とても魅力的でした。
redcrif


そして私が一番目をひいたのは、趙雲という腕のある武将.。
オープニングに繰り広げられる彼のアクションは手に汗にぎりました。
将軍の赤ん坊を救い、体にくくりつけて戦う姿のかっこいいこと!!
彼の二刀流も美しい。
役者さんも(フー・ジュン)ステキでした★

それぞれの将軍、武将、軍師のキャラクターをほのめかすエピソードの入れ方もよかった。
孔明(金城)と周瑜(トニー・レオン)の琴の掛け合いのシーンも圧巻。
その音色はジャズともロックとも聴こえる心と腹に響くものでした・・・♪

難をいえば、女性の登場するシーンがちょっとな~~。
夫婦なのになぜにあんなに媚びるようなまなざしをする?
この映画には濡れ場は不要に思うのですが。

それにしても続編が楽しみに思える作品はひさびさ。
来年4月とか。
待ちきれないな~。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。