スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーリン家の姉妹 

bu-rin

16世紀、イングランド。
どちらもヘンリー8世の愛人となりながら、
まったく違う人生を歩むことになる二人の姉妹の壮絶な人生。
歴史物というより、大掛かりなスキャンダラスなメロドラマとでもいいましょうか。
今年はエリザベス1世の「ゴールデンエイジ」を見たばかり。
彼女の母親アン・ブーリンの人生は、こうも壮絶なものだったのかとただただ驚くばかりです。
そしてアンの陰には、これほどに性格の違う妹がいたのかと。

ヘンリー8世は何人もの妻を得た人だそう。
彼は相当有能な人物だったらしいが、
映画を見る限り、その愛欲の節操のなさに唖然としてしまった。
まあ世継ぎを残さなければならない使命感というものもあるのでしょうが。
これを演じたエリック・バナはちょっと似合わない感じが・・・

名誉より愛に生きた妹メアリー。
名誉も権力も得たかった姉アン。
対照的なふたりの姉妹を演じるスカーレット・ヨハンソンとナタリー・ポートマンは素晴らしかった!!

スカーレットは映画によってキャラクターが変わる人。
控えめで情の厚い女性を優しい素顔で演じてました。
なんの役を演じてもその女性にはまる人です。

そして、プライドが高く、王妃の地位にこだわるアンを演じるナタリー・ポートマン。
まるで役が乗り移ったような表情には何度も息をのみました。
出産直後のシーン。
あれほど願ったのに男の子ではなかった・・・
生まれたわが子の愛おしさと、男の子を産めなかった悔しさが交錯する、
ポートマンの複雑な泣き顔にやられました。すごい!!

アン(N・ポートマン)がだんだん正気を失っていく演技に、
思わずスカーレットが泣いてしまったほどと、監督のコメントにありました。
どちらも本当にのめりこんでたんですね~~。


前妻と離婚させるために、結果的にヘンリー8世をローマの教皇と絶縁させてしまうアン。
しかし、彼女の娘のエリザベス1世の台頭によって、カトリックとプロテスタントの共存、そして長きに渡るイングランドの平和が訪れるわけで、皮肉なものを感じるのと、この母娘は国を大きく動かした人なんだなと感慨深いものがあります。

ann
アン・ブーリン

mary
メアリー・ブーリン



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。