スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タロットカード殺人事件  

tarotto
舞台はロンドン。
ジャーナリストになるのを夢見て勉強中のアメリカの女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)。
ある日、マジックショーの舞台に上げられ、消えるボックスに入れられたら、
亡くなったばかりの有名ジャーナリストが亡霊となって彼女の前に現れる。
そして彼女に告げる。
「タロットカード連続殺人事件の真犯人は、名家の子息のピーターだ」

特ダネ狙いで彼女はひそかにピーターに近づく。
ところがそのピーターが、超ハンサムでめっちゃカッコいい男!(ヒュー・ジャックマン)
いつしかピーターもサンドラに恋をして。。。

マジシャンのウディ・アレン、女子大生スカーレット、英国のええとこの子息のヒュー。
この3人が織り成すほのぼのサスペンス・コメディ。

ウディ・アレンの映画を初めて見ました。
まあそれはいいとして、すごく新鮮だったのがスカーレット・ヨハンセン。
どちらかというと影のある感じ、見かけは明るいけど本当はさびしい女の子、
そんな役が多かったようなきがするのですが、この映画ではとっても健康的!
とくに彼女の水着姿には、私までちょっとドキンとしてしまいました(笑)
適度にお肉のついた健康的でセクシーなその姿は、とっても魅力的☆

本当に連続殺人魔なのか、あのお姿からは予想もつかないヒュー・ジャックマン。
長身でハンサムで、女性をエスコートする姿も決まってて、
そんな彼に言い寄られて断れないサンドラの気持ちもわからなくもない。
でもねぇ、確かに素敵なんですけど、でも私はそれほどときめかないんだなーー。
男性の魅力ってなんなんでしょうね。とっても不思議??
姿かたち、顔立ちはもちろん大事な要素だけど、ちょっとした表情、何気ない仕草、
なにより醸し出す雰囲気が自分の好みかどうかってことなんでしょうね~。

まあ私の好みはいいとして(笑)
キュートなスカーレットとかっこいいヒューさんを楽しめる1本です♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。