スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトロイト・メタル・シティ 

dmc

松山ケンイチがもう最高ーーーー!!!

純朴な青年根岸くんは、大分の田舎から東京の大学へやってきた。
彼の夢は甘いポップスを歌うおしゃれなミュージシャン。
ところが5年後、彼は大学を卒業し、なぜかコテコテのヘビメタのボーカリストになってる!
泣く子も黙る悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”!

ああ、ボクのやりたかった音楽はこんなんじゃないのにーーーって(笑)

素顔のひ弱で優しい根岸くんと、
カリスマ悪魔ボーカリスト、クラウザーII世のときの根岸くんのギャップが素晴らしい!!
もともと松山ケンイチくんは長身でスタイルいいですからね~~。
その彼があの悪魔のコスチュームに身を包み、絶叫しながら歌いだすと、
ヘビメタファンじゃない私もなんか心落ち着かなくなりますよー。
カッコいいんですよーーー!
いえ、歌も上手いんだな~、これが。
彼の狂信的なファンの声とアクションもすごい迫力。
クラウザーさんのカリスマ性というか、松山くんのカリスマ性にただただ感激☆

原作はコミックだそうで。
とにかく笑えて、しかも若者の夢を持つ心をしっかり描いてて面白かったな~☆
夢を追いかけてきたけど、いつしか自分が夢を与える立場になってた。。。
こういう見た目勝負のコメディって、掴みはオーケーで尻つぼみになるものもあるけど、
この映画はしっかり起承転結があって説得力ありましたね~。


いや~~、とにもかくにも、松山くんのあのクラウザーさんが見られただけでもハッピーな1本でした♪

  
dmc3
 素顔の根岸くん





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。