スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルと鴨のコインロッカー book & DVD 

アヒルと鴨の~


原作は伊坂幸太郎。
友人が本とDVDを一緒に貸してくれて、1日で本を読み
翌日にDVDを見るという贅沢してしまいました。

物語の始まりは奇抜。
ボブ・ディランが大好きな大学一年生の椎名。
彼はアパートの隣の部屋に挨拶に行く。
いきなりその部屋の河崎という男に、
本屋から広辞苑を盗み出すのを手伝ってほしいと言われる。



物語は現在と2年前が交互に描かれていきます。
それぞれの話が、途中からひとつに結びついていく。
そして、明らかになる真実!
上手いな~~~と思いました。

後半部分はどんどん引き込まれて、あっという間にラストへ・・
淡々と描かれてるのに、読んだあとなんか気持ちの奥のほうに残る重さ、切なさ。

ブータン人は死を恐れない。
死んでも必ず生まれ変わるから。
動物も人間も同じ。
だから生き物を殺さない。
ひょっとしたらそこにいる動物や虫も、誰かの生まれ変わりかもしれないから。

面白いタイトルだな~と思ってましたが、
読み終えたあと、本のタイトルとボブ・ディランの「風に吹かれて」が頭をめぐりました。


小説としてかなり凝った作りになってて、果たしてこれがどう映像化されてるのか興味津々。

アヒルと鴨のコインロッカー dvd

映画は、過去の部分をモノクロにして進む展開。
なるほど~~~。
俳優もすごく上手く使い分けている。
小説のクライマックスみたいなところが、映画でははや中盤に。
しかし、そこからこれまでの話を説明するつくりは上手いな~と思いました。

知ってる俳優さんは少なかったけど、瑛太はよかった!
この人、クセがなくて、存在感があるのかないのかよくわからないけど、
映画観た後なぜか心に残る人。
「嫌われ松子の一生」でもそうでした。
クセがないぶん、何にでも染まる人なのかな?
松田龍平は小説とはイメージが違うと思った。
私が彼のファンじゃないからかも。

動物園で3人で撮った写真が、切なくて、切なくて。


余談ですが、ボブ・ディランが映画音楽に参加したものって、DVDがちょっと高額なんです。
例えば「ワンダー・ボーイズ」「ザ・ハリケーン」
どちらもすごくいい作品です。
「ハリケーン」は映画に感動してサントラ買ってしまいました♪
他にもたぶんあると思いますが、高額なのはボブ・ディラン効果なんでしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。