スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!  

ホットファズ
見た人の署名運動(約2400人^^)により、日本公開が実現したという作品。
「ホテル・ルワンダ」とは規模が違うけど。

ロンドンで働くニコラス・エンジェルは超優秀な警察官
彼のあまりの素晴らしい活躍に、ついに同僚、上司から疎まれることになり、
巡査部長として、ロンドンから数百キロも離れたのんびりしたど田舎へ
異動させられてしまう。
その村は過去何十年も、犯罪のない村として表彰されてるという。

一人暮らしの彼が、引越しの間肌身離さず鉢植えを抱える姿は、
まるで「レオン」じゃないの
この映画、いろいろな映画のパロディが込められてるみたいです。

しぶしぶ異動してきた村。
そこで繰り広げれる、超マジメな警察官と村人のやりとりを描くコメディかと思いきや!?

イギリス映画の笑ってこんな感じだったな~と思いました
皮肉っぽくて、ちょいとブラックユーモアがきつい。
大笑いしてる人もいたけど、私は、え?ここ、笑うとこ?みたいな感じのとこも。
しかし、あまりのバカバカしさにプッと噴出すこともしばしば。
スタイリッシュな画面と話の切り替えに、ちょっと「スナッチ」を思い出しました。

平和で犯罪がない村のはずが、、、
ラストはなぜかハリウッド映画顔負けの壮絶なドンパチのアクション!!(笑)
なぜ、そうなってしまったのか。
そこが一番笑えるとこでもあり、この映画の怖いところ。
エンジェル刑事が背中にライフル2本さして白馬に乗って現れたときは、
笑ってしまいましたよ
コメディであってシリアス、しかもちょっとサスペンスあり、私にはホラーに思えたり。

それとエドガー・ライト監督はゾンビ映画の監督とかで、ときどきグエッとさせる場面も!!
プロフィールをみたら、タランティーノに憧れてるとか?なるほど~~。
「グラインドハウス」でも一緒に仕事した仲なんですね。


ホットファズ2
主演のサイモン・ペッグ、始終マジメで頭の切れる男っぷりは素晴らしい!!
でもなんだかとっても愛嬌があって、ちょっと気になる俳優さんです

ティモシー・ダルトンが曲者役を怪演。
あとビル・ナイもちょこっと。
ケイト・ブランシェットもクレジットなしで出てたとか!
いったいどこへ!?
ぜんぜんわからなかった。
相変わらず面白い女優さんですね~~。

予想できない、なんだかとっても可笑しな映画でした

(渋谷シネマGAGAにて)


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。