スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イタリアでうっかりプロ野球選手になっちゃいました」八木虎造・著 

itariade ukkari


まずタイトルに笑ってしまいます。
そして、実際読みながら何度も声を出して笑ってしまいました。

八木虎造さんはフリーのカメラマン。
2004年29歳のとき、仕事に忙殺されこれじゃ体も自分もダメになっちゃうと、
適当に選んだシチリアのパレルモへ癒しの旅へ出る。
旅といってもしばらくのんびりする予定だったらしい。
ところが、言葉も通じない、友達もいない、娯楽はない。
すぐにホームシックになる。
何気なく見たテレビのアテネオリンピックに臨む日本チームの映像を見て、
かつて野球少年で、現役の草野球選手だった彼は、無性に野球がやりたくなり、
イタリアで野球をやろうと決心する。

そしたら意外や意外、こんなイタリアの田舎のシチリアに野球チームがあったとさ。
初日、みんなの練習にいきなり加わって、そのあと書類にサインをさせられた。
なんとそれは、イタリアのプロ野球セリエAの入団手続きだったのでした!
あったんです、イタリアにもプロ野球が!?
八木さんのプレイを見て、これはいけると判断した監督の独断(笑)

ここから八木さんのイタリア野球の爆笑体験談が始まる。

イタリアといえばサッカー大好きの国。
野球をする人は一握り。
ルール知らない人はあたりまえ。
道具を買うのだって大変だそうで。
でも、やっぱりいるんです、どこの国にも野球大好き人間が。
そうは言ってもイタリア野球。
フォアボール連発は当たり前。
20対19みたいな点数はしょっちゅうで、しかもいつもすごい点数の接戦試合。
乱闘はひっきりなし、抗議でくるくる変わる審判の判定。
サッカーのワールドシリーズが始まると練習に来る人4人とか。
とにかく、好きなのか、いい加減なのかわからないのがイタリア野球。
ちなみに八木さんのプロ選手の報酬は1試合20ユーロ!(当時2800円也~)
なので選手はちゃんとした仕事を持ってる人ばかり(笑)

でも、なぜかみんな熱い!
ドラマROOKIESと変わらないものがある。
やっぱりどこでやっても野球ってドラマなんですね~~。
読みながら笑って泣いてのくりかえし。


八木さんのシチリア生活のエピソードも楽しい。
みんな人懐っこくて食べるの大好き、お酒大好き。
でも落ち込むと手がつけられない・・・
そして息子のように案じてくれるシチリアのマンマとの心あたたまるお話。
現地でカメラマンとしても活躍する。
出来すぎるお話みたいだけど、これは八木さんの人柄なんでしょうね~~。

とにかく野球が大好きの八木さん。
というかこんなに自分が野球が好きだったのかと知らされたシチリアでの生活だったみたいです。
そして、野球ってなんて楽しいんだ~って!
言葉が通じなくても、キャッチボール始めただけでなんか笑顔になっちゃう。
なんかわかるな~~~。
読んでて私が熱くなってしまいましたよー。
そしてとっても羨ましい。。。

今も八木さんは世界のどこかで野球をやってるはず。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。