スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻影師アイゼンハイム 

geneisi1

19世紀のウィーン。
家具職人の息子だったアイゼンハイムは、公爵令嬢ソフィアに恋をする。
幼い恋だった。
身分の違う二人は引き離される。
15年後、幻影師になったアイゼンハイム(エドワード・ノートン)はソフィ(ジェシカ・ビール)と再会する。
アイゼンハイムのイリュージョンは人々を魅了し圧倒的な人気があった。
しかしソフィアは皇太子(ルーファス・シーウェル)との結婚を控えていた。
彼女を取り戻したいアイゼンハイム、政略結婚から逃れたいソフィア。

イリュージョンと二人のロマンスを絡めたサスペンスロマン

これは面白かったですよ~~~!
まるで大人の童話のよう。
19世紀のヨーロッパとアイゼンハイムの摩訶不思議なイリュージョンが
独特の雰囲気を醸し出してます。
ドラマとサスペンス、そしてロマンス。
音楽もいいです♪

エドワード・ノートン久しぶりです。
ひょろっとして万年青年のような彼。
でもどこか神経質そうで。
あの声も特徴ありますね。
ヨーロッパの風景によく似合う人だと思います。

あまり性格のよろしくない皇太子はルーファス・シーウェル。
またまた彼はこういう男の役なのね。苦笑いでした。
geneisi2


そして、ジェシカ・ビール。
ちょっとだけワイルド系だった「ネクスト」の時とはまた違う彼女。
公爵令嬢に相応しい美しい女性でした。
正統派の美人じゃないけど、表情から滲み出る美しさ、素晴らしいスタイル、
こんなキレイな人だったのかとちょっと驚き。
この人、日本人ウケする顔立ちかも
geneisi3



と、ここまでしか書けません。
これは何の予備知識もなしに見たほうがいいですよ~。
このやられた~感が気持ちいい!
エンディングは見てのお楽しみ


コメント

コレ、絶対に見たいと思ってる映画のひとつです!!

映画と関係ないけど、ジェシカ・ビールって、今ジャスティンと付き合ってるんですね・・・
しかも結婚しそう。
ジャスティンはキャメロンといい、ジェシカといい、健康的なたくましいカンジのセクシー系の女性が好みなのかしら。
ジェシカ・ビール、NEXT見てからなんとなく好きになりました♪

■jennyRさん
ジェシカ・ビール、のびやかで健康的な人ですよね。
「ネクスト」とはイメージが違うのでそれはそれで楽しめますよ。
何より、映画そのものが御伽話みたいで面白い!
上映劇場が少ないのが残念です。

おっと、アブナイ!

トップページがナルニアだったから慌ててすっとばしましたw
まだ見てないんだも~ん

■jennyRさん
おっと、失礼しました^^)

できるだけネタバレしないように書いてますから~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。