スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドナイト&グッドラック  

g&g1


1950年代の実在したTV報道キャスター、エド・マローを描いた社会派ドラマ。
監督・脚本を手がけたのはジョージ・クルーニー。
彼もTV局のプロデューサーとして出演してます。

全編モノクロ、扱ってる題材は共産党主義者を弾圧する“赤狩り”。
まるで50年前の映画を見てるよう。
しかも主人公のマローを演じるデヴィッド・ストラザーンが、隙のないくらいクールで、
まっすぐな眼差し、タバコを吸う姿は、まるで一時代前の銀幕のスターのよう。
g&g2


権力者、政治家の力により、赤狩りの嵐はTV局まで吹き荒れ、
自由な報道、中立な報道ができない状況に追い込まれていく。
しかも、同僚やエド・マロー本人にまで疑いがかけられる。
しかし彼は敢然と立ち向かう。報道を通じて。
毅然とした態度がカッコイイ!!

思想は違っても人間その人を否定すべきものではない。
報道とはどうあるべきか。
そもそもTVとは何か。
マローの言葉は今の時代にも充分に通じるものでした。
言葉の一つ一つがグサリときました。


この脚本を書いたのがジョージ・クルーニーだということに改めて驚かされます。
先日も深夜のニュース番組でも、俳優としてではなく、
アフリカの難民救済活動家として、生真面目に語る姿を見たばかりですが、
彼が社会派で、才能ある俳優であることを再認識しました。
常に問題意識を持ってる人なんだな~。
インタビューではくだらないジョークばかり飛ばしているのにー(笑)
4月公開のジョージ・クルーニー監督作品「フィクサー」が楽しみです。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。