スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8mm 監督コメンタリー 

8mm

99年。「8mm」はニコラスファンの間でも1回で十分という人もいるくらい、いろいろ論議をよんだ作品です。扱ってる題材が恐ろしいのです。当たり前に暮らしている人間が殺人ポルノビデオを作って商売している、それだけで気持ちが重くなる映画です。
でも私はこの作品には、ちょっと思い入れがあります。初めて観た時、それを捜査していく主人公の苦悩・葛藤に共感して泣いてしまったくらいですから。
この作品でのニコラスは、内面的な演技が素晴らしいし、押さえた感じの表情や、事件を追う彼の姿はとても美しいのです。

監督のジョエル・シューマッカーの、「ニコラスの素晴らしさを言葉で表すのは無理だ」という言葉が嬉しかった。役者としてだけでなく、人間として尊敬してるという、ベテラン監督が語るニコラスへの賞賛はすごく嬉しい。

スナッフフィルム(殺人ポルノビデオ)を捜査するうちに、自分もその暗黒の世界に、足を踏み入れてしまうトム・ウェルズ。悪を制するために自らも悪を施す。なんとも後味が悪いという声も多いが、監督はすべて納得している。果たしてトムの行為は許されるのか、地獄へ落ちるのか。それでも彼の人生は続くと語る。

ラストシーンに切り替わった時の、トムのアップは、ニコラスのアイデアだったそう。事件や自らの行動に癒されぬ男の苦悩が、きっちり表れています。そんなトムを見つめる、キャスリン・キーナー演じる妻の優しい眼差しがいい!監督も彼女を絶賛。そうなんです。この映画はテーマや展開はおぞましいものですが、探偵の夫と夫を案じる妻、そして小さな赤ちゃんと、設定がとても普通。赤ちゃんをあやすニコラスはほほえましいし、妻に危険な捜査を告げないで、仕事をまっとうしようとする姿は泣ける。またそんな夫が心配でたまらない妻の心情にも共感。お互いを気遣う姿には泣けてしまいます。
怖いけどとても見応えのある作品です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。