スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライラの冒険 黄金の羅針盤 

raira2


世界的に有名な英国の児童文学の映画化だそう。
いきなり「この映画は3部作からできてます」の解説。
これから初めて見る映画なのに。。。
え~~このあと2作もあるんだ。
親切といえば親切なんだけど。

いつの頃のお話なのか。
人にはすべて一心同体の守護精霊ともいうべき動物がそばにいた。
こどもの数だけ動物もいっぱい。
それはそれで賑やかで♪

真実を知ることができる”黄金の羅針盤”。
しかしその存在は、世の中を混沌とさせるものとして世界を支配する者たちから恐れられていた。
ある日、ライラの手に羅針盤が渡される。
ライラこそ、世界でただ一人羅針盤を解読できる人間だった。

彼女を捕らえようとする者たちとの闘い、
そして真実を知るために冒険へと旅立つライラ。

おてんば娘のライラの大冒険のお話ですが、
この手の映画はこの世界感にはまるまでしばし時間がかかるワタシです(笑)
前半はちょっとわからないこともあったりしたのですが、
かっこいいクマが登場してから俄然面白くなりました。
ちょっと展開が早い気もしましたが。

しかしファンタジーのお話で、なぜにクマの王国なのか。
どうしてファンタジーの主人公ってこんなにも勇敢で頭がいいんだろう。
などと考えてしまったけど、そんなの考えちゃいけない。
そんなこといったらキリがないことがいっぱいだから(笑)

ライラ役の新人のダコタ・ブルー・リチャーズちゃんの素晴らしいこと!!
ハリウッド・ビューティーのニコール・キッドマン、渋いダニエル・クレイグ、サム・エリオットを
相手にしてもぜんぜん引けをとらない図太さ大胆さ!!
raira6

見どころはダコタちゃんの活躍と、勇敢でかっこいい鎧クマ!!

raira4

そして飛行船の船長のサム・エリオット。
ゴーストライダー並に渋かったです!

raira1


確かにエンディングは、その先が楽しみとなるような作りになってます。
ちょうどロード・オブ・ザ・リングの一話みたいに。
あまり間をあけずに見せてほしいものですね。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。