スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス:ゴールデン・エイジ 

エリザベス

おお、ケイト・ブランシェット~~~!!!
それに尽きますね~。
9年前の「エリザベス」で、自分の人生すべてを英国に捧げると宣言して女王が誕生。
そして、今回の「ゴールデンエイジ」のエリザベス。
さらに美しく、気高く、強い女になってました。
その貫禄は言葉の端はし、また所作の何気ないところにも表れてて、ケイトその人自身の月日の積み重ねも感じさせるものでした。

今回のエリザベスの見所は”人間エリザベス”に焦点を当ててるところだと思います。 女王としての強さと、女の本音としての弱さ・愛する男を思う女心、その揺れ動く女王の葛藤が描かれてます。

しかし、このケイト・ブランシェットは本当に見事でしたね~~
衣装の豪華さもすごいし、それに負けないケイトもすごい。 女王の衣装をまとって立ち尽くす姿はまるで計ったようにつくられた蝋人形のよう。 寸分の狂いもないそのスタイル! そしてスペインとの戦いで最前線に立ち、兵の前で「我も皆と戦わん!」と叫ぶ勇ましい甲冑姿! 惚れ惚れして鳥肌が立ちました。
エリザベス。


無敵艦隊との戦いのシーンも迫力ありましたが、歴史ものというより人間ドラマに焦点を当てた作りになっていたので、その辺の攻防はあっさり描かれてたような気がします。


   *************


この映画を見るにあたって前作を観ました。
私はたぶん9年前に見てなかったと思います。
そしたらこれがキャスティングも素晴らしくて面白かった!

エリザベスの側近であるウォルシンガムはジェフリー・ラッシュがそのまま演じてます。 なかなか味わいのあるいい男です。 ゴールデン・エイジではさらに貫禄ついてます。
そして、女王になる前に恋仲だった生涯の人と言われる恋人ロバートにジョゼフ・ファインズ。 彼と踊るダンスがたびたび映し出されますが、このダンスは「ゴールデンエイジ」でも 要のシークエンスになってます。たぶん回想シーンは9年前のケイトの絵だと思います。

英国を分断するプロテスタントとカトリックの紛争。英国議会の中も真っ二つに分かれてて、そのカトリック派の中枢の大臣がクリストファー・エクルストン。 こんなに逞しくて男らしいエクルストンを見たのは初めてです。

あとですね~、エリザベスが女王に就任して「女王を暗殺せよ」のローマ法王の密書を 英国内に運ぶローマの僧侶が007のダニエル・クレイグ!黒尽くめの僧侶姿がかっこいい~。 (たぶん9年前はぜんぜん知らない俳優だった) しかしこのダニエルさん、ミッションを果たす前にあえなくつかまり手ひどい拷問を受ける。あちゃ~~。なんだか<ダニエル=拷問>の構図に苦笑い。

スコットランド女王メアリーがファニー・アルダン。今よりだいぶスリム。 名前は同じですが、ゴールデンエイジのメアリー(サマンサ・モートン)はこの人の娘のようです。

というわけで1作目も、英国を狙う周辺国や内部のさまざまな仕掛けに立ち向かう「エリザベス」を豪華なキャストとともに楽しめました。


   ***********


前作ではロバート(ジョゼフ・ファインズ)、今回は冒険家ローリー卿(クライブヴ・オーウェン)を持ってきて、エリザベスの恋をさりげなく中心に持ってきてますが、私は前作と本作を続けて見て、側近のウォルシンガム(ジェフリー・ラッシュ)と女王の信頼関係にしみじみさせられました。

そうそう、「ゴールデンエイジ」のはじめのほうのシーンで、二人きりになったとき、 女王がウォルシンガムの頭をぼんがり叩いて、「人前で結婚の話はするな!」というところに一人でうけてしまいました。だってケイトの叩き方が女王らしからぬ姿で、しかもすごく親しげな叩き方だったから~。あれだけで二人のよき関係が理解できそうな楽しい場面でした♪

これはオススメします。できたら前作観てからご覧になるとより楽しめます。
私は「ゴールデン・エイジ」を観てから、またさらに「エリザベス」を再び見直しました(笑)






コメント

こんにちは!
ケイトの演技は迫力ありましたね。
もしかして今日は映画デー。atsukoさん2度目の鑑賞に出かけてたりして??

>惚れ惚れして鳥肌が立ちました
素晴らしいケイトの姿なのに白馬ちゃんたらちょっと落ち着きがなかったのが笑えちゃいました。(爆)

>女王がウォルシンガムの頭をぼんがり叩いて
えっ! そのシーン見逃してます。台詞は覚えているんですけれども(涙)やっぱり2度3度鑑賞せねば!

>こんなに逞しくて男らしいエクルストンを見たのは初めてです。
私も「ドクター・フー」の役しかしらないのですが改めてみてビックリでした。イングランド一の貴族ノーフォーク公爵なんですものね。

「ゴールデン・エイジ」の記事をようやくUPしたのでよかったらお越し下さいね。

■りり・かさん
今日の映画デーは夫に付き合って「ライラの冒険」でした(笑)
ポイントがたまったので、いつか一人で「エリザベス」2回目行こうと思ってます♪

>白馬ちゃん
そうそう、私もケイトがかっこよく台詞言ってるとき、ウロウロする白馬が気になりました(笑)
でも、それを手綱でうまく手なずけながら演技するケイトにますます感心しましたよ。

>エクルストン
といえば、ニコラスファンとしては「60セカンズ」の悪役のボスでして~。
あのクセのある変人ぽい悪役は面白かった。
あと「アザーズ」の過去のシーンで登場するニコールの夫とか。
ちょこちょこ脇でも見る人ですが、「エリザベス」ほど逞しい姿を見たのは初めてでした。

こんにちは!
atsukoさん、うちの眠っているビデオを探し出してエクルストンさん確認しましたです。
「60セカンズ」はえ~?ほんとにエクルストンさん?って思えました。そして「アザーズ」は髪が金髪で長くしているのでそう言われてよく見るとエクルストンさんだと確認できました。
やっぱり「エリザベス」のエクルストンさんが一番「ドクター・フー」に出ている時と近い雰囲気ですね。「ドクター・フー」で初めて知った俳優さんでしたがいろいろ出演なさっていたのですね。atsukoさんありがとうございました。
ついでに「エリザベス」のビデオも出てきたので見てみたのですが、先日CS放送で録画して見たのはカットされている部分があったのを発見してしまいチョッピリショックでした。エリザベスとロバートのラブシーンまでちょっと短くカットされていました。全然いやらしいわけじゃないのに。(涙)
ビデオは操作が面倒なのでCS放送で放送されたのを新たにDVDに録画してビデオは処分しようと思っていたのに捨てれなくなってしまいました。
atsukoさん、これからもいろいろ教えてくださいね。楽しみにしています。

■りり・かさん
まあ、エクルストンさんを確認していただいたんですね。
でもそういうの気になるの、よ~~くわかります。
私もよくありますから(笑)
私は逆に「ドクター・フー」って知らないんですよ。
エクルストンさんは、台詞の言い方に特徴があって印象に残りました。
妙に口元に力がはいってるというかなんというか(笑)

私はCS放送を観る環境にはないのですが、映画がカットされてることもあるのですね。
ショックですよね~。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。