スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリクと魔女 

キリクと魔女

98.フランス映画。
少年キリクと魔女カラバの御伽話です。
アニメーションはあまり自分から進んでみる方ではないのですが、
友だちの評判がとてもよく、ちょっと気になってました。

まず絵の色合いがとてもキレイ!!
とくに赤や青の原色がキレイ。
魔女カラバの衣装にも魅せられました。
あと、森や草木の色合いも日本のアニメとはちょっと違いますね。

「なぜ魔女はいじわるなの?」
「なぜ、魔女は魔女なの?」

純粋な疑問を持つキリクが、純粋な心で魔女に立ち向かいます。

魔女の住むお城に向かう途中会いに行ったおじいさんの言葉も心にしみました。
ボクを守るお守りをちょうだい!キリクが頼むとおじいさんは断ります。
「お守りがあるからといって何もしない者たちのことを魔女はちゃんと知ってるんだよ」
「裸で向かってくるものが一番強くて怖いということを。純粋な知性がね」

アフリカ音楽とキクリの冒険が楽しい映画でした♪


はじめ字幕で観て、特典のメイキング映像を見たら、
声優がキリクが神木龍之介くん、魔女が浅野温子。
龍之介くんはまだ8歳くらいかな?
とっても可愛い!!
監督がキリクの気持ちを丁寧に伝えると、マイクの前で真剣な眼差しで一生懸命聞いている。
そして本番。
ハキハキと元気にキリクになりきってました。
その姿にウルウルしてきて(^^;
あんなに小さい子がちゃんと主人公の気持ちになって声で演じてるなんて感動します。

浅野温子の魔女もはまってました。
声優は初めてだそうで、一番やりたいのはドラえもんだって(笑)
ああ、彼女がいたじゃないか!!って思いましたよ。

というわけで、メイキング観たあと、吹き替えでも観てしまいました。
吹き替えもすごくいいですよ~~~!ぜひ!!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。