スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀  

昨日のプロフェッショナルはイチロー。
これまでもたくさんのイチローのインタビュー番組を見てきましたが、
今回の放送はかなりの感動ものでした。
気付いたら1時間15分夢中になって見入ってました。

イチローのシアトルの自宅公開、自宅での食事、弓子夫人のサポート、愛犬一弓との楽しいひととき。
さすがに愛犬にはメロメロ。甘いご主人様でしたが(笑)
試合がある日の1日の行動がイチロー流の型があり、まさに形から入る武道のように無意識に身についている。
インタビュアーの鋭い質問も面白く、それに答えるイチローの応えもさらに面白い。
イチローがすごいことはこれまでも充分わかっていたけど、彼の言葉はこう聞かれたらきっとこう答えるだろうという想像を超えるものばかり。それも、その言葉ひとつひとつが考えて考えて考え抜いたところから出てくる言葉なので、とても心に響く。


もがき苦しんでいると一筋の光が見えてくる。
でも、いつか光がさすだろうと何もしないでいると、一生光は見えない。
目標はぜんぜん達成されてない。
たとえ4割とっても満足はしない。
そもそも自分でも目標はまだどこにあるのかわからない。
きっとずっとそれを模索していくでしょう。

ここまできてもぜんぜん自分に満足してない。
尊敬の域を超えて、畏敬の念さえ感じます。
試合後、イチローにインタビューしてる記者たちの様子からもそれは伝わりました。

首位打者争いしていた最終試合。
ヒットが出ず首位打者争いに敗れ守りについたイチローが見せた涙。
何度も後ろを振り返って涙をぬぐってた。あれはちょっと衝撃的。
次回放送の22日分で未公開シーンが放送されるそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。