スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4分間のピアニスト 

4分間のピアニスト

ドイツ映画。
昼下がりのせいか前半の途中何度もトロトロしてしまって。。(なんてこった!)

殺人の罪で獄中生活する少女と(無実なのかもしれない)、
刑務所で犯罪者の更生のためにピアノ指導している老女の物語。
愛に裏切られ、誰からも愛されたことのないジェーン。
爆発しそうな感情を常に抱えてて、人に対して暴力的にしか接することしかできない。
刑務所の中でもしょっちゅう事件を起こす問題児。
そんなジェーンは類い稀なピアノの才能があった。

ジェーンの才能に目をつけた80歳になるというクリューガー。
彼女にも人には言えない過去があった。
それは第二次世界大戦のナチによる軍事下でのこと。
クリューガーはジェーンのピアノの才能を開花させることこそが、
残りの自分の人生の使命とばかりに彼女に特別レッスンを始める。

それぞれに過去や傷を持った二人がピアノを介してかかわっていく。
ジェーンはなかなか心を開いてはくれないけど。
反抗的な態度のジェーンにクリューガーはキレる。

『才能がある者は、その才能を磨くことが義務なんだ!』

すごい台詞だな~と思いました。
しかし、あの反抗的で暴力的なジェーンの態度にはたびたび唖然。すごい演技です。

圧巻はラスト15分。
クリューガーに引きずられるようにやってきたコンテスト会場のジェーン。
シューマンの名曲が、彼女の感情のほとばしる演奏に変り、やがて。。。
その演奏はとても言葉では表せません。
あれが演奏といえるのかどうかわからないけど
あんな強烈なピアノ演奏はこれまで聴いたことがありません。
芸術の最たるところにあるものは”美と危うさ”か。

すべてを終えたあとのジェーンの姿が忘れられません。



*寝ちゃったところの確認と、ラストのピアノ演奏をもう一度観たいけど、
 2度観るにはちょっと勇気がいるな~~。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。