スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンズ・ラビリンス 

パンズ・ラビリンス

ブラック・ファンタジーということだけ聞いてたけど・・・。
これはファンタジーなんだろうか。
オフェリアが生きた世界はなんて悲しいんだろう。
にもかかわらず、純粋な心を持つオフェリアがあまりに切なくて、
ずっとその余韻を引きずってます。

1944年、内戦終結後のスペイン。
国内では山村に潜むレジスタンスとフランコ将軍下の軍との戦いが繰り広げられていた。
オフェリアは臨月を迎えた母と、母の再婚相手である将軍が駐屯する山村へ向かう。
しかしオフェリアたちを待ち受ける将軍は、母のお腹の子だけに興味があるようで、
オフェリアや妻には冷たかった。
そんなオフェリアの唯一の楽しみは御伽話を読むこと。

ある日オフェリアは、突然現れた妖精に導かれ不思議な世界に誘われていく。。。

眠る母のお腹に手をあてて、この不幸な時代に生まれてくる赤ちゃんに
語りかけるオフェリアの言葉が優しくて優しくて…

対照的に、ゲリラへの将軍の残酷な仕打ちや生々しいシーンは正視できないほど。
ちょっと小学生には見せたくないかも。。。R12になってたかな。
むご過ぎる現実と、オフェリアが迷い込んだ迷宮の世界が同時進行する不思議な映像。
しかも、まったく違和感なく物語は進みます。
オフェリアが出会う魔法の国の生き物の不気味さがとてもリアル。


ラストのラスト、いろんな想像をさせる作りになってます。
なんて愛のあるエンディング。
これでオフェリアは幸せになれたんだね。
そう思わずにいられませんでした。。。




コメント

残酷な現実と非現実の世界。
どこか今の日本の社会を連想しました。
純粋に生きることがとても難しい世の中になってしまいましたね。
映画はCMでみかけましたが、なかなか奥が深そうな映画なんですね。

■taccoaltoさん
正視できないほど、むごいシーンがあったりするのですが、
少女が迷い込む迷宮の世界に引き込まれ、
観終えたあとは、いつまでも余韻を残す不思議な映画でした。

30分前に行ったのに、
有楽町の劇場は満席で、前のほうしか空いてませんでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。