スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せになるための?「イタリア語講座」 

このところ映画日記ばかりのブログですが、唐突にこんな日記を 

デンマーク映画「幸せになるためのイタリア語講座」はいい映画でした。
映画ブログをあちこちお邪魔してたら、イタリア語を独学されてる方たちのブログを発見。
とても刺激受けました♪日々学んだことを日記に書かれてました。素晴らしいんです!!
その方々には及びませんが、私もこの半年のことを書いてみようと思いました。
ちょっと長い日記です

     **************************************************


今年の4月からイタリア語の勉強はじめました。ボチボチですが。
いつかイタリアに行きたいなとずっと思ってました。
きっかけは『旅情』かな?ヴェネチアに行ってみたいのです。

来年くらいにはと計画したので、まず手っ取り早く「初めてのイタリア旅行会話」(CD付き)(NHK出版)を買ってみました。3月のことでした。
しかし本をパラパラめくっても、チンプンカンプン。
とりあえずイタリアに行ったら、トイレが近い私は絶対使うであろう
「トイレどこですか?」Dov'e il bagno?(ドベ イル バンニョ?)を暗記する。
あと「ビール一杯ください」Una birra, per favore.(ウナ ビッラ プレファボーレ)も(笑)
単語の意味などわかりません。とりあえず丸暗記。

そして4月からのNHKラジオのイタリア語講座入門編も聞き始める。
はじめは簡単でした。これならやっていけそうと。
でも、1人で勉強って私には限界があるって気付いたんです。集中力がない私はラジオを聞くことができても、それを覚えるという復習がなかなかできそうにない!!そして覚えたつもりがもう忘れ…の連続。頭の固さにがっくり。そしてやっぱり仲間がほしいなと。結局どこかの教室に通うことにしようと決心しました。
ところが初級コースってなかなかないのです。そりゃ、高いお金を出せばいくらでもありますが。
行き着いたところは某新聞社の文化センター。

ハラハラドキドキでしたが、初日無事スタートを切ることができました。
約15人の女性。20代から50代まで。母娘で参加されてる方も。みんなイタリアに興味があってイタリア語は初めての人ばかり。夜のコースなのでほとんどがお仕事帰りの方ばかりです。今は10人くらいになってしまいましたが。
先生はイタリア人の30歳の男性。サッカーとワインが大好きな明るくて楽しくて、ステキな先生です。3ヶ月更新のクラスですが、10月からの3期目も更新しました。今のところ皆勤です。

ラジオ講座に比べると進み方は遅いです。というか、ラジオ講座は7月くらいからついていけなくなったんですよね。文法が難しくなり、かなり復習が必要な内容なんです。録音はしてるのでこれからじっくり頑張りたいとは思ってるのですが。

教室の方は会話中心。簡単な文法説明のあとフレーズを覚えたら、二人組みになって会話する、先生と会話するという感じです。いちおう教室の教科書通りに進んでるようなのですが、先生がとても柔軟でユニークな先生で、質問→答えのやりとりからいろいろ会話を発展させてくれます。辞書をどんどん使っていいですよ~と言ってくれるし。基本的に先生はイタリア語なんですが、こっちがキョトンとしてると日本語でフォローしてくれます。教室のムードがのんびりなので、先生も私たちにいつもpiano, piano~「ゆっくり、ゆっくり~」勉強しましょうと話しかけてくれます。

先月はsempre, spesso, qualche volta, non…maiを使った文。
「いつも」「よく」「ときどき」「まったく…しない」
私なんか「よく映画を観ます」だし、「いつもお酒呑みます」だし(笑)
それぞれが発表する文を聞くだけで、その人の好みや生活が見えてくるのも楽しい。さらに先生が詳しく聞いてきたりするからなおのこと。教室は笑いが絶えません。

教室の勉強は文法を学ぶにはかなりのんびりですが、なによりイタリア人の先生とコミュニケーションをとれるのが楽しい♪ああ、もし自分が20代でイタリアに勉強に行ってたら、イタリア人の恋人がいたかも~と思うくらい(笑)そのくらい、先生はとっても身近に感じる外人さんですね~♪いい人です。ちなみに先生の奥様は日本人だそうで、なんか納得(^^)

ラジオ講座は9月でいちおう終了。
10月からは去年の4月からの再放送です。
私にとっては大助かり。
これでまたじっくり復習ができます。

モチベーションを上げようと、イタリア映画もかなり探して観ました。
今まで何気なく字幕だけ追ってた映画も、知ってる単語やフレーズが聞き取れると1人で喜んだりしてました。あと数も。先日見たばかりの「題名のない子守唄」の中で主人公が小さな女の子と公園でかくれんぼするシーンがあるのですが、彼女が1から10まで大きな声で数えるのを一緒に心で言ってました(笑)楽しい映画ではありませんが。
普段も、車に乗ったとき、助手席から見える前の車のナンバー(4桁)をイタリア語で一つずつ言って、次は二桁ずつ言ってみたりもしてます(^^;数は言うのはまだいいけど、聞き取りが難しい。

塩野七生さんの本や、須賀敦子さんのエッセイも読みました。
塩野さんの「海の都の物語」はまだ途中だったりして・・・。
村上春樹の「遠い太鼓」も楽しかった~。
なつかしのカンツォーネ集を聴いたり、イタリア語のサントラ聴いたり♪
そういえば昔の歌の「ウナセラ・ディ・トウキョウ」(古くて笑ってしまうでしょう)ってuna sera di Tokyo「東京の一夜」という意味だったんだと気付いたときは嬉しかった♪自分で発見するそんなイタリア語が楽しい。
3月に買った『初めてのイタリア旅行会話』本も、今見直すととても参考になることばかり。そう思えた自分に少しは勉強したんだなと嬉しくなる。
甘いけど、何年後かには自分に、少しはわかるようになったんだね~と言えるようになれたらなと思ってます。

イタリア語の勉強はノロノロですが、ムードだけはとってもイタリアンです

コメント

こんにちは!atsukoさん=babamaru(taccoalto)と思うくらい共通することが多くてうれしくなってしまいました
今日の私のブログに感想を書かせていただこうと思います。
私のブログからエキサイトブログの項目にある「半径2キロ・・・」にお入りください。
もうひとりのわたしが住んでいるんですよ。

ごめんなさい。感想はこちらに鍵コメでかかせていただきました。

■taccoaltoさん
共通するところありましたか!(^^
私も嬉しいです♪
もうひとつのブログもお邪魔させていただきますね。

ところで鍵つきコメント、入ってないのですが。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こちらこそ、よろしくお願いします。

■taccoaltoさん
ご心配おかけしまして~(^^;
コメントありがとうございました。
お互いに興味のあるところが同じだったみたいで面白いですね♪

この年になって新しいことを始めるって、なかなかスリリングで楽しいです。
taccoaltoさんを見習って、もうちょっと頑張らねばと思ってます。
こちらこそよろしくお願いしますね。

こんばんは。

atsukoさんの教室、楽しそうですね。しかもいろいろと努力されてる!素晴らしい!
数字の練習って大事ですよね。わたしももっとやらないと。

ヴェネツィアにはわたしも行ってみたいです。あとはフィレンツェとローマとヴァチカンとシチリアとパルマと…って、行きたいところがありすぎて困っちゃうくらいです。e-68

■halesolaさん
努力なんかしてないですよー。
ただ、自分をその世界に浸らせようとしてるだけですe-436
そして今まで知らなかったことが、ちょっとわかってくるのが楽しくて♪

一番行ってみたいのはヴェネチアですが、いろいろ観たり聞いたりしてると
あっちもこっちも行きたくなりますよねe-266
ワインが美味しいというトスカーナ地方にも興味津々。
キリがないですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。