スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッカーマン 

wicker man1

初日初回行ってきました!新宿オデオン座。
私たちの前にはすでに10人くらい並んでました。
お客さんの層は中年が多い?男性のほうが多かったです。
1日の映画デーのせいか、劇場は7割がた埋まってました。
なにしろ都内ではここしかやってない。


1973年のイギリスの同名作品のリメイク。
何年か前にニコラスがこの作品に出ると聞いてすでにチェック済みでした。
救いようのないストーリーにショック受けたのだけ覚えてます・・・
この映画に出るのか~~~と。

で、本作のリメイク作品。
舞台はイギリスの小さな島からカリフォルニアへ。
白バイ警察官の主人公(ニコラス)は、ある事故から母子を救えなかったことから自責の念にかられ精神不安定な状態になっていた。そこへ、7~8年前に姿を消した婚約者から、行方不明になった娘を探してほしいと手紙をもらう。
彼が訪れたのは個人の所有になってるワシントン州の小島。ところが島には不思議な空気が漂い、住民もみな怪しい様子を呈してる。謎めいた島で失踪した少女探しに奔走するニコラス。しだいに真相が見えてくるのですが、、、、そのラストはあまりに衝撃的!

オリジナルの宗教とエロスをとりまぜたカルト的な雰囲気はなくなってましたが、主人公がどんどん追い詰められ神経がやられてく様子と不気味なサスペンスタッチな作り、そしてラストが見ものです。追い詰められていく人間をなりふり構わず(!)演じるのは、もうニコラスのおはこではあるのですが、こりゃちょっと辛かったですね~~。

ニコラスはこの映画制作にもかかわってて、彼の映画会社サターンフィルムの名前も挙がってました。「シャドー・オブ・ヴァンパイア」といい、「ゴーストライダー」といい、ニコラスはちょっと現実離れしたダークな世界が好みなんだな~と実感。
ちょっと怖い話が好きな方で、オリジナルを知らなければ、このサスペンススリラーはかなり楽しめると思います!
あ、ジェームズ・フランコがちょこっと登場します♪

映画としてなかなか楽しめたけど、ファンとしては、ちょっと色気のある役のニコラスが観たいね~、最近そういうのに出てないよね~と、鑑賞後のファンのつぶやきでした…

なんだかんだ言いながらも、ぴあの出口調査に遭遇し、総合点90点つけてきました!(笑)
ファンの欲目。

■大いに共感した批評
http://intro.ne.jp/contents/2007/09/04_1350.html


コメント

こんにちは!私のブログにコメントいただきありがとうございました。
atsukoさんはニコラス・ケイジの大ファンなのですね。「ザ・ロック」「フェイス・オフ」は私も大好き映画です。
この作品のニコラスの演技もなかなかよかったですよね。
どの作品でもニコラスのいろんな表情を観るのがとっても楽しいです。すごい!って思っちゃうところはそこかな。ちなみにジェームズ・フランコもニコラスと同様の表現力を持った俳優さんだと勝手に思っています。なのでおまけ的登場でしたが、作品中でもニコラス2だったのでなんだか嬉しくなってしまいました。

ジェームズ・フランコ

■りり・かさん
こちらこそありがとうございます。
>どの作品でもニコラスのいろんな表情を観るのがとっても楽しいです。
>すごい!って思っちゃうところはそこかな。
さらに嬉しいコメントv-22ありがとです!
作品によっては、え~~!?っていうものもあるのですが(^^;
なんだかよくわからないのですが、とにかく大好きなんですよ~~(笑)

ジェームズ・フランコも好きですよ。
なんたってニコラス初監督作品「ソニー」の主役に抜擢された俳優さんですからね。
「ウィッカーマン」でのジェームズくんは笑ってしまいましたね♪
彼の作品もほとんど観てます。
今のところ、私の中では若手の希望のe-69ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。