スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタッチャブル (87) 

アンタッチャブル

デ・パルマ監督がこの度「アンタッチャブル」の前章を作ることになり、ニコラス・ケイジがアル・カポネを演じることになりました。映画の内容は若き日のアル・カポネを描いたものとか。本編でアル・カポネを演じているデニーロの役を演じることになるのですが、どう演じてくれるのか今からとても楽しみ。ということで、かなり前に録画した「金曜ロードショー」の吹き替え版をビデオで鑑賞しました。

1930年代のシカゴ。世は禁酒法が施行されていた時代。暗黒街の帝王といわれたアル・カポネを摘発するために、財務省の捜査官エリオット・ネスがシカゴに赴任してくる。

熱血漢の若き捜査官にケヴィン・コスナー。
彼を導くベテラン警察官にショーン・コネリー。
イタリア移民で狙撃の名手のアンディ・ガルシア。
そして、闇の帝王アル・カポネ、ロバート・デニーロ。

この役者を見てるだけでも見応えあり!
ケヴィン・コスナーは若いです、青いです。でもそのまっすぐなところがいい。シカゴという街とアル・カポネを熟知してるショーン・コネリー、渋いです。一本気だけど熱い男、そして腕は確かなアンディ・ガルシアもはまり役。
あの有名な駅での乳母車の階段落ちのシーンは、ちょっと懲りすぎではあるけどやっぱりこの映画の最大の見所。デパルマ監督のこだわりの映像とケヴィン・コスナーとアンディ・ガルシアのチームワークのカッコよさにしびれます。
そしてやっぱりすごい存在感のデニーロ!!不気味です、彼は。あの厚顔ぶり。残忍さ。ニコラスはどう演じてくれるのか!期待は高まります。

明快な勧善懲悪なストーリー、緊張と流れるような美しい映像、そしてエンニオ・モリコーネの音楽。娯楽映画の傑作でしょう。今度は字幕でキレイな映像で観ようと思います。そうそう録画の最後にデ・パルマ監督最新作「スネーク・アイズ」の試写会プレゼントがありました(笑)98年のTV放送だったんだ。
それにしても禁酒法とはすごい法律があったもんです。映画の中でも捜査官たちが仕事あとに談笑してるところもテーブルの上にはコーヒーでした。たまりませんね~~。少なくともそんな世に生まれてなくてよかった(笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。