スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッド・ダイアモンド 

bダイアモンド
非常に重たい映画だったけど、すごくよかったです。何度も目を覆うシーンはありましたが。最近アフリカを描く映画が多いですね。記憶に新しいところでは「ホテル・ルワンダ」「ロード・オブ・ウォー」「ナイロビの蜂」。大国の利権とアフリカの貧困が絡んだもの。ダイアモンドが市場に出回るまでにはこんな背景もあるのかと改めて知りました。でも一番ショックだったのは、捕らわれた少年たちが反政府軍のコマンドとして洗脳されていく様…氷の手で心臓掴まれるようなショックを受けました。それぞれに夢があって、将来のために勉強する子もいるのに。今でもアフリカには20万とも30万とも言われる少年コマンドがいるそうです。これは国の利権云々の前に人として教育は何よりも優先されるべきだって思いました。

久しぶりにスクリーンで観たディカプリオ。30歳を過ぎていい感じになりましたね~。ダイアモンドの密売人としてのしたたかさを強烈に見せつけながらも繊細な心の変化もさりげなく見せてくれて。台詞がなくても存在感があって上手いな~と思いました。かっこよかったです。体力的にもかなりハードだったはず。昨年の主演男優賞は彼に獲ってほしかった!!

強制的にダイアの採掘場に送り込まれた男ジャイモン・フンスーも素晴らしかった。漁師ではあるけれど子どもの教育に熱心な家族思いの父親。彼も助演男優賞にノミネートされましたね。

彼が採取して隠したピンクダイアがこの物語のキーになるのですが、個人的な感想として・・・
私ならあんな状況で隠したものをあとになってから探しにいくなんて、ぜったい自分で隠した場所がわからないヨ~と思いました。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。