スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリーム・ガールズ 

dream girls

ジェニファー・ハドソンが見事に助演女優賞を受賞!
この映画、ミュージカルだったのですね。
ミュージカルは嫌いじゃないけど、これはちょっと違ったかな。

確かにジェニファー・ハドソンの歌は上手かった、迫力あるし。
ただ、どの歌もはじめから終わりまでずーーっとMAXレベルなんですね~~。
針が振り切った状態が続くのは。。。

こういっちゃなんですが、私は美しいビヨンセに見とれました!!
素晴らしいスタイル、落ち着いた歌唱力。
彼女が歌う「ONE NIGHT ONLY」はステキでした♪
落ちぶれていくスター、エディ・マーフィーのシリアスな演技も洒落にならないくらい上手かった。

モータウンサウンドと言われる、ダイアナ・ロス、スティービー・ワンダー、スタイリスティックス、大好きでした。あの時代のスターたちの華やかなステージの陰にある人間ドラマを垣間見ることができました。ただ、期待した分ちょっと肩透かし食らった感じではありました(^^;見方が浅かったかな。
そういうことで★★★

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。