スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット 

m アントワネット

ふらりと観てきました。
私はコミック「ベルばら」も読んだこともなければ、宝塚の舞台も知りません。予備知識なし。あえていうならソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンストに惹かれて観てきました。
ソフィア・コッポラの映画ってどこか女性の悲しさや健気さを感じます。「バージン・スーサイズ」しかり「ロスト・イン・トランスレーション」しかり。きっと監督自身とても繊細な人なんでしょうね。
奔放に生きたと言われるマリー・アントワネットのだれにも言えない秘密と寂しさが、キルスティン・ダンストの演技から伝わってきました。キルスティンがとってもステキ!さりげなく清楚でどことなく品があって。

政略結婚で14歳でオーストリアからフランスの王子に嫁いできたアントワネット。愛犬との別れに泣く姿はまさしく14歳の少女。でも、ラストの夫ルイ16世と国を追われていく表情は王妃の顔でした。短い一生ではあったけど、彼女なりに生きたんだな~と感じることができました。

豪華なベルサイユ宮殿、ゴージャスな衣装の数々、可愛らしくておいしそうなケーキの数々、贅沢三昧のその生活ぶりにはゲップがでそうなほど(笑)色白のキルスティンにピッタリのピンクや薄いブルーのドレス、そして野原でくつろぐ真っ白なドレスは本当にステキでした。パーティでスウェーデンの騎士を見つめるキルスティンが可愛かった~♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。