スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもボクはやってない 

soreboku

今年の1本目はこの作品。初日に観てきました。
2時間半もある映画なのに、まったく時間を感じさせない。
適度な緊張感、次はどうなる?と、ずっと画面に釘付けの2時間半。

ある日痴漢に間違えられた主人公は、「やってない」と否認したことから、生活が一転する。痴漢を認めて示談にすればその日のうちに帰れるよ、と言う警察や当番弁護士の言葉に「はい」と言わなかったがために。でも本当にやってないのだから、彼の行動はごく自然なものと思います。ところが、今の日本の痴漢事件の扱いはとんでもなかった・・・彼は、あっちだこっちだとふりまわされる。

日本の刑事事件の有罪率が99.9%という現実には驚きました。
裁判官が無罪の判決を出すことは、国家(警察)にたてつくことだということも。
ただただ、警察での取調べ、弁護士の日常、裁判の実態、言葉の怖さ・詭弁に驚きました。
無実を訴えるということは、ものすごく大変なこと。
強い精神力、体力、弁護士身内の協力が必要なのです。
真実って何?正義って何?って思います。

主人公の加瀬亮の演技はとても自然。ごくごく普通の若者を好演してました。「硫黄島からの手紙」の撮影が終わって帰国してその二日後にはこの映画製作に入ったそうで、その切り替えも大変だったそうです。あの映画でも彼の静かな演技はインパクトありました。

そして、今回上手いな~~~と舌を巻いたのは弁護士の役所広司!
冷静で包容力のある語り口は、見ていてすごく安心感がありました。それがとても自然で、この人の人柄なのか、演技力なのか、とても大きなものを感じました。

周防監督の「しこふんじゃった」「Shall we ダンス?」どっちも大好きな映画でした。
コメディではないけど、この映画も丁寧に作られたいい映画です。

でもでも、痴漢については別問題。
証拠もないので、本人の自白に頼るしかありません。
こんな破廉恥な行為は許されません。
痴漢は悪いことです。そして、くれぐれも痴漢に間違われないように!



コメント

わぁ~い!すごくお久しぶりです(^.^)
atsukoさんの今年1作目が、邦画だったとは!
実は、私も邦画だったのです。
それにしても、この映画、加瀬さん主演で、私もぜひ観にいきたいと思ってます。
「硫黄島~」では、とても演技が光ってました。そうそう「はちみつとクローバー」でも、やさしげな美大生をとてもいい感じに演じてました。

さて私の今年1作目、DVDでしたが「転がれ!たま子」という映画です。
コミカルでせつない映画です。
昨年公開されましたが、うちの地方では確か上映がなかった・・・待ちに待った1作でした。邦画、がんばってますよね。私の2006年ベスト1は、「ゆれる」だったかもしれない・・・

また、お邪魔させてくださいませ。
遅いですが、本年もよろしくお願いします(^^)/~~~

おひさしぶり~!

■らいむさん
コメントありがとう♪
「硫黄島~」ついにアカデミー賞にノミネートされましたねv-308
若手の加瀬亮も二宮クンもすごいね~~~。
らいむさんもさぞハッピーでしょう♪

ここんとこ邦画も素晴らしいですよね。
らいむさんの去年のベストは「ゆれる」でしたか。
確かにあの映画を観たときの衝撃はすごかった。
役者さんってすごいよね~。

やっと感想アップしました

おひさしぶりです~~。
暗くて、辛くて、映画を観た帰り道、なにか楽しい事がないか。。そんなことを考えてました。なかなか感想書けなくて、やっと、ブログ書きました。

それにしても、家宅捜査までされちゃうんですよね。他人に見られたら困るものだらけですが(ミーハーグッズほかもろもろ)、主人が車通勤でよかった!なんて・・・。あっ、息子は春から電車だぁ!!

リアルな映画でしたね

■kayamariyonさん
ショックですよね~。
いきなり犯罪者扱いですから。
そうそう家宅捜査も。
人間だれだって、人に見られたらまずいものの一つや二つ持ってますよね(^^;

うちは夫も息子たちも電車通勤なので、心底「気をつけてね~~!」と言ってしまいました。
いやな世の中ですね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。