スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリスタンとイゾルデ 

torisutan

今年最後の映画はこの映画でした。(30日鑑賞)
公開時に見逃して、池袋文芸座で1週間だけの再上映。
年末にもかかわらず300席は満席でした!

ちょっとネタバレです
今から1500年前のイングランドとアイルランドの対立の中にあった、悲恋の物語です
イングランドの騎士トリスタンは、幼いときアイルランドの兵士に両親を殺される。
ある日戦いで傷を負ったトリスタンは、小船で流されアイルランドの岸にたどり着く。
そこで彼を救ってくれたのがアイルランド国王の姫イゾルデ。
いつしか愛し合うようになるふたり。お互いに身分を明かさぬまま・・・
やがて、イゾルデは両国の政略結婚によりイングランドの王マイクに嫁ぐ。

ああ~~なんという運命のいたずら  
マイク王こそ、幼いトリスタンを救ってくれたの命の恩人。
そして彼を弟のように可愛がってくれた崇めるべき領主だったのです。
マイク王への忠臣、イゾルデへの胸焦がす想い、トリスタンの心は乱れます。

トリスタン演じるジェームズ・フランコの美しいことったら
まさに麗しの騎士
切ない思い、苦しい胸のうちを映すあの潤んだ瞳、悲しそうなまなざしはたまりません。
傷の手当をされるときの、顔に似合わぬたくましい体も魅力的。。
繊細さと強さを併せ持つ魅力。
色気があって母性本能をくすぐる俳優としては、若手ナンバー1といっていいでしょう!

イゾルデのソフィア・マイルズも気丈で知的な姫にぴったり。
パンフにもありましたが、健康的な肢体、知的な雰囲気は
「タイタニック」のケイト・ウィンスレットにダブりました。レイチェル・ワイズにも。
英国の女優さんってステキです

人に隠れて逢瀬を重ねるふたりなのですが、何も知らないマイク王がちょっと気の毒にも思えます(ルーファス・シーウェル)。でもそうは思いながらも気持ちは二人がどうにか結ばれることを祈るのみ。
単なる悲恋ものではなく、イングランドとアイルランドの国の行方が絡んでその展開に目が離せません。ラスト、アイルランド軍が再び攻めてきて、すべての事情を理解したマイク王が、敵と寝返った味方に対して言い放つ堂々たる演説にはしびれました!!

どっぷりとこの古き英国の悲恋のドラマに浸りました~~~

それにしても、写真でも伝わると思いますが、みんな白い息が出ててとても寒そうでした。
でも、その澄んだ空気が伝わってくるようで、それもまた映画を引き立ててます。

コメント

今年もよろしくお願いします(~o~)

劇場でご覧になれて良かったですねー♪
atsukoさんの年間ベストにも入っていてニンマリです(笑)。
正統派な歴史恋愛劇もいいですよね。心が浄化される気がします。

J・フランコの苦悩の表情、美しかったですね。
思わず抱きしめたくなりました(笑)。
「スパイダーマン3」正月にTVCMしてましたね。
このJ・フランコは私も期待してます(^^v

ジェームズ・フランコ!

■Nakaさん
はい、2006年最後の映画でした。
劇場は一人で来てる中高年の男性が多かったですよ。

J・フランコの魅力を引き出す1本でしたね♪
パンフにもありましたが、
『守りたい、守ってあげたいという世の女性の願望を満たしてくれる』
まさにそんなJ・フランコでした!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。