スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 

merukiadesu

アメリカ・テキサス州。国境にほど近い荒れ地で、メキシコ人カウボーイ メルキアデス・エストラーダの死体が見つかる。純朴なメルキアデスを心から愛していた友人ピートは、深い悲しみに襲われながらもある約束を思いだす。「俺が死んだら、故郷ヒメネスに埋めてくれ」。
ひょんなことから、メルキアデスが国境警備隊員のマイクに殺されたことを知ったピートは、マイクを拉致。彼に無理矢理メルキアデスの死体を担がせ、メキシコヘの旅に出発する。
(公式サイトより)


トミー・リー・ジョーンズ初監督、主演作品。
2005年のカンヌ映画祭で最優秀男優賞と脚本賞を受賞してます。

描かれてるものは、よく考えるとちょっとコワイものがあるのですが、とっても骨太なヒューマンドラマでした。

純朴で真面目なメキシコ移民・メルキメデスを友人として心から愛していたピート(T・L・ジョーンズ)。彼が望むことは、ただ彼の亡骸を彼の希望どおりメキシコの村に埋葬したいということだけ!そのために司法解剖されて埋葬された遺体を掘り起こすは、それを馬に乗せて熱いテキサスの砂漠を歩くは、・・・考えてみたらかなり異常です。

そして、その運び屋として拉致されたマイク(バリー・ペッパー)。オレは悪くない、間違って撃ったんだ。自己中心的なマイクは不本意ながら、ただただピートの言いなりになるしかなかった。
見所はピートの友人への愛と、人間の心を取り戻すマイクの心。
マイクは旅の途中で出会うメキシコ人やピートによって、罪の深さ、人間愛を改めて知ることになるのです。まさにこれはマイクの苦行の旅!!

バリー・ペッパーは体当たりの演技でした。心身ともにハードな役だったに違いありません。すばらしかったです。最優秀男優賞は彼かと思ってました(笑)そして淡々とした演技の中に深い愛情を滲ませるトミー・リー・ジョンズには、人間の大きさを感じました。日本じゃすっかり缶コーヒーのCMのオジサンの印象になってしまいましたが、監督、俳優として力強さを感じる人ですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。