スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタル屋さんバトン 本日開店♪ 

面白そうだったのでakkyさんから勝手にバトンをもらってきました
ずっと考えてたのですが、やっぱりはじめに浮かんだもので決定!

■あなたは明日いきなりレンタルビデオ店をオープンしなければならなくなった。と、とにかく今すぐタイトルを揃えなきゃ!せめて五十音につき一本ずつは揃えなきゃカッコつかん!でもどうせなら自分が好きな映画で揃えたい。そこは譲れないところ。リストは手元にないけどとにかく発注先へ電話して… さて電話口であなたは何を注文する?

■ルール
自分の好きな映画から選ぶ
1監督につき1作品とする
自力で思い出す
外国映画、日本映画は問わず

監督名を調べたとき、映画のキャッチコピーに目が止まり、それがなかなかステキだったので載せてみました。

************************************************************

「あ」 赤ちゃん泥棒(コーエン兄弟)
「赤ちゃんが欲しい!」5人もいるなら、ひとりくらい・・・。

「い」 インディジョーンズ・魔宮の伝説(S・スピルバーグ)

「う」 運動靴と赤い金魚(マジッド・マジディ)
ぼくは走る、あたたかい笑顔を届けたくて

「え」 エリン・ブロコビッチ(スティーヴン・ソダーバーグ)
最近、いつ燃えた?

「お」 オペラ座の怪人(ジョエル・シューマッカー)
あなたの声で私の花が開きはじめる

「か」 かもめ食堂(荻上直子)
ハラゴシラエして歩くのだ。かもめ食堂。それはフィンランドのヘルシンキにありました

「き」 嫌われ松子の一生(中島哲也) 
松子。人生を100%生きた女。

「く」 クジラの島の少女(ニキ・カーロ)
運命に、立ち向かえ。ニュージーランド、マオリの神話。一人の少女の無垢な魂が、奇跡を呼び起こす。

「け」 

「こ」 コーラス(クリストフ・バラティエ )
涙がこぼれそうなとき、歌があった。

「さ」 ザ・ロック(マイケル・ベイ)
「ザ・ロック」へようこそ――

「し」 白い嵐(リドリー・スコット)

「す」 素晴らしき哉、人生!(フランク・キュプラ)

「せ」 セントラル・ステーション(ウォルター・サレス)
拝啓。おとうさん、これから初めて会いに行きます。

「そ」 ソニー(ニコラス・ケイジ)
歓楽街の“伝説”ソニーは、運命の娼婦と出会い、未来を知った。

「た」 ダンシング・ハバナ(ガイ・ファーランド)
私を解き放つ、灼熱のリズム・・・1958年、キューバ。一人の青年との出会いが私を変えた――

「ち」 父親たちの星条旗(クリント・イーストウッド) 
戦争を終わらせた1枚の写真。その真実

「つ」 月の輝く夜に(ノーマン・ジュイソン)

「て」 天使のくれた時間(ブレット・ラトナー)
あの時「YES」とこたえていたら、ふたりは、どこにいたのだろう。

「と」 遠い空の向こうに(ジョー・ジョンストン)
未来をみつめる少年。過去の栄光に生きる父。それぞれに夢を求めて。

「な」 ナイロビの蜂(フェルナンド・メイレレス)
地の果てで、やっと君に帰る。

「に」 25時(スパイク・リー)
俺に残された 最後の自由な24時間

「ぬ」 

「ね」 ネバーエンディング・ストーリー

「の」 ノッティングヒルの恋人(ロジャー・ミッシェル)

「は」 バーディ(アラン・パーカー)

「ひ」 ヒューマンネイチュア(ミシェル・ゴンドリー)
ヒトよ、服を脱げ!

「ふ」 フェイス・オフ(ジョン・ウー)
生き残るのはただ一人・・・。
   フィールド・オブ・ドリームス(フィル・アルデン・ロビンソン)
それを作れば、彼はやってくる・・・失ったものたちは帰ってくる、若き日の父の姿にかえて。

「へ」 ペギースーの結婚(フランシス・コッポラ)
ついに夫に愛想をつかした妻。しかし突然、夫と出会った17歳のあの時にタイムスリップして…?

「ほ」 ボニー&クライド(正式タイトルは「俺たちに明日はない」だったかも)

「ま」 魔女の宅急便(宮崎駿) 
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

「み」 ミセス・ダウト(クリス・コロンバス)
我が子会いたさに父親が女装して家政婦に!

「む」 ムッソリーニとお茶を(フランコ・ゼフィレッリ)

「め」 めぐりあう時間たち(スティーヴン・ダルドリー )
たくさんの愛と驚きと時間たち、そして感動。人生はいつもミステリーに満ちている

「も」 モーターサイクル・ダイアリーズ(ウォルター・サレス)←あ、かぶった!
遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた

「や」 山の郵便配達(フォ・ジェンチイ)
山里に心をつなぐ人間の“ぬくもり”が、大切な家族の“絆”が生きている。

「ゆ」 ゆれる(西川美和)
あの橋を渡るまでは、兄弟でした。

「よ」 欲望(スティーヴン・ギレンホール)

「ら」 ライアー・ライアー(トム・シャドヤック)
嘘つきは?のはじまり?

「り」 リービング・ラスベガス(マイク・フィギス)
きれいごとの愛じゃない。

「る」

「れ」 恋愛小説家(ジェームズ・L・ブルックス)
これが恋というものか。初めて愛したのは一匹の犬とウェイトレス。

「ろ」 ロック・ユー!(ブライアン・ヘルゲランド)
決闘血があがる!

「わ」 ワイルド・アット・ハート(デビット・リンチ)
セイラーとルーラ・・・ふたりの熱いハートは荒野を焼きつくす。



こうして並べてみるとヒューマンドラマ系、温か系が多いかな~。
好みなんですね~きっと(笑)
けっこうベタなチョイスです。
そしてやっぱりニコラス作品9本入ってしまいました。
「ふ」は決着つかずで、結局規則違反で2本挙げました。
出てこない文字のところでは、映画はあっても好みじゃなかったりして空欄です。
いろいろ悩んだけどなかなか楽しかった。
ぜひお暇な時チャレンジしてみてください

コメント

バトン受け取ってくれてありがとうございますi-179
知っていても未見の作品が結構ありましたー!
未見&キャッチコピーに惹かれるのが「ペギースーの結婚」「天使のくれた時間」ですかねぇ。今度見てみます!!
魔女の宅急便、私も大好きなんですよ。ジブリの中では一番好きです。キャッチコピーもいいですよね。あれって確かキキがラストシーンで親に宛てた手紙の一文でしたっけ?また見たくなってきましたー。

こちらこそ、楽しませていただきました。

■akkyさん

けっこうありふれたラインナップだと思いますが。
ニコラス作品以外は(笑)
「ペギースーの結婚」はニコラス21歳!キャサリン・ターナーが奥さんなんですよ~。
けっこうホロっとするラブコメです。

キャッチコピーって、インパクトありますよね。
「モーターサイクル~」「ゆれる」「恋愛小説家」「リービング・ラスベガス」なんか
すごく上手いって思いますv-218
「魔女の宅急便」のキャッチコピーもステキですv-354
ちょっと感動ですよね。
この1行でしっかりキキを言い当ててるんだから。
これだけで、ちょっとウルッとします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。