スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手紙」 東野圭吾著 

tegami

主人公は”強盗殺人犯の弟”直貴。
兄の犯した罪によって、彼の人生の歯車は狂っていく。
進学、就職、バンド仲間、そして恋愛。彼の人生に兄の存在がことごとく邪魔をする。
加害者の家族の苦しさ、過酷さをまざまざと見せつけられました。

でも読みながら自分が直貴の心と重なってしまってることに驚いてしまいました。
彼がとても真面目な青年だからというのもあります。
彼が受ける理不尽な待遇や扱いに怒り、生活を切り詰め独学で進学しようとする彼を応援し、能天気に刑務所から月に一度手紙を送ってくる兄に腹を立ててしまってる自分がいました。彼は犯罪者でもないのに、こんなに頑張ってるのにと。

しかし、彼を密かに思う女性の存在や、就職先の社長の言葉に、直貴が感じたように自分もドキリとしてしまったのです。この直貴の心の変化に読者を誘い込むところがすごいぞ、東野圭吾!

加害者家族への社会の差別や偏見を指摘しながらも、加害者の罪は償っても償いきれないもの、それは加害者だけではなく家族も背負って生きなければならない宿命なんだということをこれでもかと突きつけてきます。読み進めながら何度もいろんなことにハッとさせられました。

これは今年読んだ小説の中でもかなり面白くて読み応えのある1冊です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。