スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファースト・プライオリティ」 山本文緒 

「あなたの最優先のもの、ゆずれないものは何ですか?」
この小説の主人公はすべて31歳の女性。
それぞれの主人公のこだわりが時に面白可笑しく、時に切なくほろ苦く短編に収められてます。車だったり、カラオケだったり、ボランティアだったり、ホストだったり(笑)そのこだわりかたはなかなかたいしたものだと思いました。こだわることって一つの生きがいですものね。
あるお話では声を出して笑ったり、また思わず涙が出てしまったり。とっても感性豊かな短編集でした。

ずいぶん前に、文緒さんの小説にはまって片っ端から読みました。
久しぶりに読みましたが、やっぱりいい!!
さくさくと読みやすい歯切れのいい文章、どこか覚めているんだけど心に響くものを感じます。
人の観察力が鋭いな~と思います。いつも客観的。女性の本心、いいとこも嫌なとこもズバリとついてきます。ひょっとしたら自分でも気付いてないことを、文緒さんならズバリ指摘されそう。ちょっとコワイかな?でも、ご本人はほんわかしてとっても温かそうな女性。(いや、そう見えるだけなのかな/笑)
友だちとサイン会にも行ったことがあります。その後そのサインをいただいた「プラナリア」で直木賞受賞!!

文緒さんの、ファースト・プライオリティは「小説」のようだ。
この小説の最後の短編「小説」にご自身の31歳のころのことが書かれてました。
ちょうど離婚されたばかりだったみたいで。

小説の中で、ある男がいいます。
なぜ31歳の女性ばかり好きになるのかと聞かれて、
「30出たくらいの女っていいじゃないか。
そろそろ迷いが吹っ切れて、腹がくくれてて、でもやり直しもスタートもできる歳だろ」って。
妙に説得力あってうなってしまいました。
この小説は自分へのエールだったに違いない。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。