スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナイテッド93 

ユナイッテッド

どうしようか、ずっと迷ってたのですがやっぱり観てきました。

2001年9月11日。あの日ハイジャックされた中で、唯一テロリストが目標のペンタゴンに突撃することなく墜落したユナイテッド93便。

前半の管制塔の管制官たちの慌てぶりと混乱はすさまじく目が回るほど。
その何人かは実際あの日と同じ管制官だったみたいですが、演技なのか事実の報道なのかわからないほどの臨場感。
そしてなにより緊張感ピリピリのユナイテッド93の機内。
テロリストが目配せをしながらゴーサインを出し行動を開始。その後の乗客の恐怖!!
4人のテロリストがあまりにリアルで背筋が凍りそう。
墜落寸前までの乗客とテロリストとの闘いの映像の凄まじさ!
精神的恐怖と旅客機が急降下したり横ぶれするたびに自分もその場にいるように体感してしまう。
もう全身力入りまくり。心拍数が上がり自分の鼓動のドキドキが聞こえるほどでした。
しかし最後の最後まで諦めなかった乗客たちの勇気ある行動には感動しました。
テロリストも乗客乗務員も無名の役者さんばかりだったようですが、なんという凄い演技をするのでしょう!!どんな思いで演じたのでしょう。

もう5年経つとは思えないほどまだ記憶が鮮明なだけに、この映画は遺族にとってはどうなのだろうと思ってました。しかし、記憶が鮮明だからこそ、今しっかりこの事実を刻み込まなくては、そして亡くなった方々の無念の思いをかみしめなければならないのかもしれないとあらためて思いました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。