スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーマン 

11683view001.jpg

昨夜の地上波の1978年版「スーパーマン」を観てしまいました
クリストファー・リーブのシリーズもの第一弾です。
その後いくつかありましたが、私はこの1作目が大好きです。

昼間は真面目だけが取り柄のちょっとさえない新聞記者、クラーク・ケント。
あのキャラも好き
しかし、いざとなるとスーツのシャツを脱ぎ捨ててスーパーマンに変身する!!
ヒーローものの醍醐味ですよね~~~!
初めて観た時も、スーパーマンとロイスの空のデートにうっとりでしたが、あのシーンは本当にロマンティックでステキです。
そして、事故で死んでしまった彼女を取り戻すために、地球の自転を反転させて時をとりもどすなんて、ななな~~~~~んて素晴らしい愛なんでしょう~
あのロイス役の女優さん、今みてもとってもチャーミングですね。
決して若い娘ではないのですが、あの大きなタレ眼がなんとも可愛らしい。

11683view011.jpg

ところでスーパーマン誕生シーンは興味深かったです(笑)
クリプトン星で父親のマーロン・ブランドが言います。
「我が息子、カル・エルよ」
おお、カルエルだああ~!(笑)
本当にニコラスの坊やは同じ名前なんですね。
超能力を持った異性人のカルエル。
ニコラスの坊やは大きくなったらなんて呼ばれるんだろう?

「スーパーマン・リターンズ」公開ということで、あちこちでスーパーマンの噂を聞きますが、ニコラス・ケイジがスーパーマンやる話があったんだってね~!その話ダメになってよかったよねー!!の声をたくさん聞きます(笑)そりゃ、あのかっこいい新人くんのスーパーマンの姿見たらどうしても比較してしまうでしょうが、ティム・バートン版のニコラススーパーマンも、ただのヒーローものには終わらない面白いものになったと私は思うのですよ。
先週の王様のブランチで「スーパーマン」を紹介したとき、関根さんが「そういえば昔ニコラス・ケイジがスーパーマンやる話があったんだよね」とニコニコしながら言ったら「ええええーーーーー!!」とブーイングのような失笑・・・・(ショボーンでした)
ま、いいけど(笑)あえてそこでニコラスの名前を出してくれた関根さんに座布団一枚ってことで。

しかししかし、新スーパーマンのかっこいいこと!(笑)ハンサムなこと!!
よくクリストファー・リーブに似た人を見つけたものです。
ということで今一番楽しみな1本です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。