スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プルートで朝食を 

puru-to

久しぶりにレディースデーのシネスイッチに行って来ました。
さすがに混んでました。

アイルランドのとある街。ときは1970年代。
赤ちゃんのとき教会の前に置き去りにされ、神父さんによって里子に出された少年パトリック(キトゥン)。女装好きな少年は成長し、恋しい実の母親探しの旅に出るのでした。大都会ロンドンに出てきたキトゥンは、さまざまな人と出会い、騙されたり利用されたり。しかもIRAの活動にも巻き込まれテロ事件の首謀者として捕まったり。でも、妄想癖のあるキトゥンは、何があっても飄々と生きていく。嫌われ松子とアメリを足して2で割ったような、ちょっとおかしくて楽しい不思議ちゃん(男と書こうか女と書こうか迷った^^)

見所はキリアン・マーフィーの女装と演技
モデルのような歩き姿。女性らしい仕草、セクシーなまなざし。観てるうちに本当に女性だと思ってしまいます。エキセントリックな人間を生き生きと演じてて、すごい役者さんだなぁとただただ感心!!いや~驚きました。「バットマン・ビギンズ」のあの不気味で美しい精神科医スケアクロウで惹かれただけはありました!ちょっと気弱な神父さんのリーアム・ニーソンもよかった~

前半途中、横並びのエピソードではちょっとトロトロしてしまいましたが、中盤以降はちょっとドキドキの展開マジックミラー越しのシーンはまるで先日観た「パリ、テキサス」そのもの!この映画の緊張のクライマックスです。

自分の思い通りに気ままに生きてるようなキトゥンだけど、ラストは彼女(彼)の優しさにホロッとする異色コメディです。
そうそう!音楽がとってもよかったです。オープニングの「シュガー・ベイビー・ラブ」から始まって、70年代のヒット曲ぞくぞく。それもかなり楽しめました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。